2019年6月25日 (火)

琴鳴りし

 

うれし

うまれし

この星に

 

あいにいきます

ことなりて

 

おどろおどろな暗黒も

まばゆいばかりの光明も

良しも

悪しも

味噌糞も

 

あいにいきます

ことなりて

 

 

 

 

 

cf. 「素朴な琴」

       八木重吉

 

  この明るさのなかへ

  ひとつの素朴な琴をおけば

  秋の美しさに耐えかね

  琴はしずかに鳴りいだすだろう

 

 

UNI-VERSE

 

ぐ る ん

ま わ る

 

ひ と つ

ま わ る

 

ぐ る ん

ゆ れ る

 

ひ と つ

ゆ れ る

 

来 た る

混 沌 は

大 い な る 裂 け 目

 

吸 い 込 ま れ

満 ち あ ふ れ

 

落 下 し

上 昇 し

 

わ た し は

ど こ ま で も 透 き 通 っ た

果 て し の な い 濁 り の な か

 

 

 

パス[PATH/PASS]

 

通りすぎてゆくがいい

慰めも

安らぎも

励ましも

楽しみも

奪うものも

傷つけるものも

儚さも

確かさも

何もない

この場所を

 

通りすぎてゆくがいい

嫉みも

怒りも

謗りも

悲しみも

悦びも

笑いも

慈しみも

すべてある

この場所を

 

通りすぎてゆくがいい

何もなくて

すべてある

この体を

 

 

 

さようなら

 

わたしの

カラダが

おこす波

 

あなたの

うちから

おこる波

 

世界は

波に打ち寄せられて

いろんな

なみだで

みちている

 

醸す

カオス/chaos

 

超えて

声得て

コトバ得て

 

たがい

ちがう

作用なら

 

 

 

2019年6月23日 (日)

作用なら

 

確かなものが

ほしいのは

触れられて

いたい

から

 

のびて

ちぢんで

ゆれる

 

めざめるのは

わたされてきた

もの

 

うごきはじめるのは

わたし

いく(かもしれない)

もの

 

あいているし

とじている

 

うちよせる

わたしが

なみに

ふれるところで

 

 

 

なみのおとがきこえる

 

おヘソから

わたしを

こきゅうする

 

はじ

けると

 

あなたの

空へ

なだれこむ

 

 

 

Ri-birth

 

もどかしい

 

もっとも

おかしい

 

もと

 

もと

もと

おかし

 

ものこと は

 

もと

きた

みちを

もどります

 

もんどり

うっって

 

もうもう

murmur

 

まぁまぁ

まわせば

らせんは

ほどく

 

ほら

ほら

でてきた

やっとこ

ひょっとこ

 

わら

わら

わらって

まいりましょう

 

きのうのクスリは

けふの毒

かも

しれませぬ

 

あら

あら

くす

くす

いきませう

 

あな た

かな た

あな いき

と いき

あな うれし

 

 

 

2019年6月15日 (土)

連続と非連続。あるいは、そのように観えるということ

 

と う

と ぶ

 

と う

と ぶ

 

こ こ か ら

あ ち ら

 

つ づ き て

つ づ い て

こ ろ ん

う つ る

 

と  わ れ て

と わ れ  し

あ な た か ら

 

 

 

なみがとおりすぎるところでは

 

光を吸うように

光を吐くように

 

コトバとその周辺[あたり]が

そして あるいは、まったく別の遠くのものが

吸い込まれてゆく

 

やがて

波は

ふかぶかとしたところで触れて

やがて

吐き出されてゆく

 

少しだけ

ちがえた

世界へと

 

 

 

humming/ハミング/はむing

 

ふ る

え る

こ こ

ろ は

ど こ

に あ う

 

ゆ ら

め く

こ こ

ち は

た れ

の も の

 

う た

か う

き も

ち も

と き

を え て

 

い き

い け る

か ら

だ か ら

 

 

 

«ふる まふ