2018年11月28日 (水)

もや う


き  ら  き  ら

と  き  め  く

わ  た  し  の

う  み  を

小  舟  が

ひ  と  つ

い  き  て  い  く


あ  わ  い

あ  わ  い  の

ひ  だ  ま  り  に

た  の  し

を  か  し

い  き  て  い  く




2018年11月20日 (火)

あきて ふゆ


は  ん  せ  い  き


愁  眉  あ  き  て


ふ  ゆ  と  な  る




黄葉


電  柱  を


か  け  の  ぼ  り  秋


檸  檬  色




2018年11月15日 (木)

ふゆ来りなば


ひ こ ば え の


枝 で ブ ラ ン コ


小 春 風




どろん


泥 の 海 に

き ら

き ら

お 天 気

雨 が 降 る


ま ぜ

こ ぜ

ら れ て

蛇 の 目 の 傘 は

透 け 落 ち る


さ ら

さ ら

さ ら

さ ら

ま っ さ ら し


め ざ ま し

お ひ さ ま

と ろ

と ろ


ど ろ

ど ろ

ど ろ ん

蓮 の 葉 っ ぱ の

露 と な る




2018年11月 9日 (金)

ハラブ/حلب‎/'ħalab


ハ ラ ブ の

土 が 染 み 込 ん だ

そ の 人 の

手 は

大 地 か ら 乖 離 し た 人 々 に 追 わ れ

見 知 ら ぬ 土 へ


手 は

か き ま ぜ る


ハ ラ ブ の 土 と

シ リ ア の 土 と

あ ら た な 土 を


オ リ ー ブ の 雫 と

し た た る 汗 の 雫 と

頬 つ た う 雫 を


小 さ き も の と

大 き な も の と

ひ そ や か な も の を


つ ぎ

つ ぎ

手 は

う み だ し て い く


こ れ ま で の カ タ チ を

致 し 方 な い カ タ チ を

ま だ 知 ら ぬ カ タ チ を


土 の

奥 深 く

精 い っ ぱ い 伸 ば し た 指 の さ き




ハラブ=「(新鮮な)乳」の意

シリア=「日が昇る地方」の意


よく ふかく


私 は

と っ て も 欲 深 く

と っ て も 自 己 中

な る が ゆ え


地 球 上 の 人 人 が

自 然 と 調 和 し

思 う 存 分

可 能 性 を 発 揮 し た

世 界 が ど ん な か

み て み た い


だ っ て

ぜ っ た い

そ の 方 が

私 自 身 が お も し ろ い


だ か ら

こ れ か ら

手 持 ち の 時 間

そ の た め だ け に

生 き て や る




「あまりにも もったいない社会」


星海(せいかい)


銀 河 の 渦 が

産 声 あ げ る

土 の 色 が

馨 る な か

た ち こ め る

闇 は

し な や か に

そ ろ り

ゆ ら り と

動 き だ す


ふ か ふ か

か け る

野 の 仔 犬

天 の 川 の 草 は ら こ え て

ま わ る 水 車 は

流 星

ぐ ん ぐ ん

波 の カ ケ ラ を

集 め ま す


チ カ ラ は

重 な り

ひ き あ い

お し あ い

い ろ ん な ム ラ が

で き あ が る


ム ラ

ム ラ

こ と な る

こ と ば な る


火 [ほ] の 香 [か] な

星 々

う み の あ お


隔 て  は  結 び

結 び  は  隔 て

ざ ぶ ん

と び こ み

泳 い で い ま す




2018年11月 8日 (木)

ふゆ たつ


虫 の 声 が

と け て ゆ く

あ お


ひ と り 歩 く 人 人 の

気 配 に

ぬ く も る


立 冬 の 夜




@2018.11.07(水)


2018年11月 7日 (水)

甘余


濡 れ た 秋 の 樹 皮 は

蜜 の 香 り


あ ま い

ま あ い


こ と ほ ぐ




«to be continued.....