2019年12月11日 (水)

謡[うたい]

 

山 茶 花 の

ゆ ら い で い る

つ や つ や と

わ た く し に

な が れ て い る

こ の 世 界 は

さ わ さ わ と

あ な た の

ふ る え て い る

そ の 世 界 と

ひ き あ い な が ら

ふ か ぶ か と

宇 宙 は

う た い

ホ モ ・ サ ピ エ ン ス

い の ち が

ふ れ ら れ る  を

つ む い で い る 

 

 

 うた

 

2019年12月 5日 (木)

ぺシャーワル

 

飛 ぶ 影 は

 

輝 く

 

ア フ ガ ン の

 

チ と な り て

 

 

 

 

 

2019年12月 3日 (火)

紅葉

 

ふ ゆ 枝 に

 

あ か き 本 性

 

こ い の ぼ り

 

 

 

 

てる[照/輝/tell]

 

山茶花を

 

ゆらす鳥は

 

昨日の月を抱いている

 

 

 

 

tell < PIE root del-(2)“to recount, count, reckon”

 countとcomputerは同語源。その意には、「理」の字源と通じるものがあります。

 

 

 

つやつやの

三日月を

生んだ

漆黒は

さっきまでの涙を

すべてのみほして

 

 

 

レンマのヨ

 

錬磨された玉が

光明の闇に

ぽっかり

うかぶ

 

星は

あめに

そそがれて

 

玉の舟をゆらします

 

 

 

2019年12月 2日 (月)

うたう らいおん

 

まぁるい

つきの

みずうみに

ぷかぷか

うかぶ

ふえひとつ

 

ろうろうろう

 

まにまに

ゆれて

るるるるる

 

みを

すましつつ

りりりりり

 

せんは

にじむよ

れれれれれ

 

ついて

はなれて

つかず

はなれず

ことばは

うたう

ららららら

 

 

 

空の間

 

ときに

すきまが

あいたので

あおい

さかなが

やってくる

 

どじょうの

ゆめを

はきだして

そらに

リズムを

きざみます

 

すみずみ

ふゆふゆ

うちゅうは

からだ

 

とうとう

もんは

ひらきます

 

 

 

 

 

かみわたし

 

み あ げ た り

 

冬 の す き ま に

 

い き い き る

 

 

 

@11月20日

 

2019年11月14日 (木)

檸檬草

 

 

竹 林 の

か な で る

浅 黄 色

 

 

小 春 日 は

枯 れ 野 を

走 る

た そ が れ や

 

 

抱 か れ し

わ れ は

波 間 に

い に し え の

 

 

ふ り さ け て

い と し き

花 の

匂 い か な

 

 

し か ば ね の

森 の

ふ ゆ は

輝 き て

 

 

闇 の 熱

す べ り し

は る の か わ

 

 

ぽ こ ぽ こ と

灘 に

葦 牙 ぶ

か げ ろ ひ に

 

 

お も か げ は

あ か き 大 地 の

モ ン ス ー ン

 

 

な が れ ゆ く

い ろ は

織 り な す

錦 秋 や

 

 

 

 

 

 

«UNI-VERSE