« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

あかき はな

   *


チのごとき

あかき

はなびら

ひだりのめより

あふれつづけ


ひらいた

こころ

いたみて


  おそるることなかれ

  ひとを いとおしむことを

  あやしむことなかれ

  みかえりをもとめぬ こころを


いつくしみをしる


   *


@2013/02/27(水)


2013年2月25日 (月)

ゆきのはな


ゆきの

はなひら

まいおりる

さじんのように

はかなくて

おもいでのように

ひにとけて




@2013/02/22(金)


ひのみつ


したたるは

ちきゅうの

なみだ

あおきほし

あらわれて

うちゅうに

またたく

ひとつふの輝(キ)




@2013/02/22(金)


2013年2月24日 (日)

ゆきみつ


あさひさす

さとのかすみは

ゆきどけの

みつとながれて

ちをあらいゆく




@2013/02/22(金)


あまのかわ


かこうより

なみうつ

ちしを

いちじょうの

やひろは

あまの

かみかわのこと




@2013/02/22(金)


あさひ


あ さ ひ ら く

あかねにそむや

ふじの

やま

つ る か た の く も

そらに うかべて




@2013/02/22(金)


2013年2月20日 (水)

あう


あい

てらす


かんじ

あい


わたし

あう


ことなるままに

ひとつ

ある




@2013/02/18(月)


2013年2月19日 (火)

あまあがる


あめあがり

ツツピ

ツツピ

さえする

ことり

あらわれしそら

しむ

はるのこえ




@2013/02/13(水)


清明


あまがふる

みつのようびに

あめがふる

いのち

はぐくむ

せいめいの

ようめい

ようすい

とう

めい

こころ

みつ

うみ

すみ

わたる

あおき

おおそら

なにを

えがかむ




@2013/02/13(水)


2013年2月18日 (月)

はくふ


いくえにも

ましろき

ぬのに

まかれしは

あめの

あわ

うまれむ




@2013/02/12(火)


大西洋


アトラスの

坐(いま)す

うみより

カクしたる

ひのもとの

くに

ちのもとの

くに




@2013/02/12(火)


2013年2月15日 (金)

モノカタられぬ真実


モノカタられぬ

ところに

ある

しんじつを

みる




みわたり


しろきちに

ふたつの

あおき

みつながれ

しんにて

であい

ひと

なり ぬ




@2013/02/11(月)










@2013/02/11(月)


2013年2月14日 (木)


輝きは

ひかりとやみが

おりなす

であい

ことなりしものの

あいすとき

はじけたる

そのせつな

あらわれ

うまる

ものかたりの一(ひ)




@2013/02/10(日)


はな


はるみつの

とき

わたりゆく

おおそらは

すみわたり

たる

さく

はなのひらきて




@2013/02/10(日)


はつはる


はな さき て

はな ひらく

あさ


あわのこと


またたく

ほしは

うちゅうの

うみに




@2013/02/10(日)


まに まに


はるかなる

なみの

まにまに

ひらきたる

ものかたられぬ

なもなき

ひとよ




@2013/02/09(土)


2013年2月13日 (水)

なつけられえぬもの


 はじまりは

   ひかりでもなく
   やみでもなく

 なつけることができない


 それは
 モノカタられた せつな
 それでありながら
 それでないもの
 と
 なっていく

 ことなるものが
 つぎつぎ うまれ
 ことなるものの
 あやなす
 せかい

 つむき
 つむかれ
 おりなす
 ひとよ

 ものかたられし
 ものことは
 すべて
 それの あらわれ

 すべては
 それであり
 それでない

 すべては
 それにつながるものをもち
 けっして
 ものかたり なつけられることのない それを
 しることができる

 ありありて
 ありあまるほど
 あまねく
 ありて
 しかし
 くくることはできない

 みることも
 かんじることも
 できない
 ただ
 しることができる それを

 はじまりのまえから
 かわりなく
 かわりつづける
 じゆうじざいの
 ふどうなる
 それ を

輝き


 かがやきは
 ひかりにも
 やみにも
 ぞくさない

 みために
 まどわされることがなければ
 かがやく ひかりも
 かがやく やみも
 かんじることが
 できるだろう


 やみのなかで
 しるには
 ひかりのなかで
 しるよりも
 せんさいな
 センサーがひつようだ

  せいみょうに
  せいみょうに

  こまやかに
  こまやかに


 すすむものは
 かがやいている


 じくうのよどみは
 おもりとなって
 すすむものを
 かこい
 とざす


 かこから みらいへと
 ますぐ
 つらぬく
 みちすじの
 いま
 という
 じくうに
 きみは
 いるか

 いくえにも
 まとった
 よどみを
 はらい
 すきとおった
 いま
 の
 なかに
 きみは
 いるか


 すすむたびに
 ときすまされる
 みとこころ


 どんなばしょにいても
 どんなことにあっても
 すすむたびに
 きみは
 かがやいていく

 

2013年2月 6日 (水)

ものかた流


ものかた


かえり


かなふ




2013年2月 5日 (火)

ひめこと


かく

されし

よの

ひらく

みつ

とかれ

ます


さら

さらさら


とかれ

ます




うしとらのヒ


うしとりし

ことば

うしとらば


もえ

いつる

はる


こんじん

とき




レクイエム


はるさめて




うつり

かわる


うしとらに


くも

はれて

あおき

そら




おとなし

みつの

ながれ

きく


はるたちて




2013年2月 4日 (月)

うつしよ


うつ し よ の

はぐくみ

きたる

ものことを

いかし

うたえよ

うつくしきよへ




はつはる


いつも

こと

うつはしらに

かえられて


うづめ

られたる

しんの

みち


しづめ

られたる

しんの

こと


うき て

うき て


はる きたる




立春


あらたまる




そそぎ

たる

みつ




ひろがりは 


あらた

なる

ことわりに

みち

ひかる


はる

たちて




2013年2月 3日 (日)

節分:すみ ます


しんのみち

すすみ

ます


おわりのために

はじまりのために




« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »