« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月29日 (火)

せん

    *


てんのちに


   点の値に

   天の地に


せんをひく


   線を引く

   栓を引く


てんはせんにかえり


   点は線に還り

   天は川に還り


てんはてんじ


   点は展じ

   天は転じ


せんはむげんに


   線は無限に

   泉/川は群源に

   先は無間に


    *


2013年10月25日 (金)

「り」


す  へ  て


「 R i 」





2013年10月21日 (月)

GOLEDN LILY(輝く百合)


空と海

ととめしまおうの

しゅの ことば

れいせん

ぬきて

三角の

ふた

とり

ひらく

黄金(きん)のゆり

まんだらの界

ときて

つらぬく




@曼荼羅=サンスクリット語で「輪円」を意味する語に由来する、とのこと


ばんだい


にほんまつ

あいつ

なかりて

にっぽんに

万古の杜は

まつの

みのりて




2013年10月18日 (金)

文様


つなぎめ

むすびめ

よこしま

ときて


たていと

はれば

おのつから

うかびあがるる

宇宙の文様




開界


あきは

SPEC

まつりこと


むすひめ

ほとけて

たね

ひらく


まおう

かみ

てん と ち

ひらき


おのつからなる

うちゅうの

みのり




2013年10月 9日 (水)

東の都


名にし負はば


いざ言問はむ


イル・シャロム(エルサレム)


わがおもうみちは


ありかなしかと




東風


東(き)の風や


ひのもとのみや


りにかえり


ひと


のびやかなる


よにこそありけれ




【備考】 神風や朝日の宮の宮還り かげのどかなる世にこそ有りけれ (源実朝)
     東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな (菅原道真)



ひがしから


きぼうの


かぜが


ふいてくる




2013年10月 1日 (火)

138億年のひとり旅


闇 を 知 り


光 の 封 印


と き は な ち


か わ り 続 け て い く


こ の 宇 宙




« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »