« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

わかい


い に し え の

ふ か く

あ ら わ る

き ず

い え む

ゆ き の し づ く の

ふ り そ そ ぐ

ゆ や




ゆあみ


たいせつに

守られし

湯の泉


じくうをこえて


をちみずは

たうたうと

あふれる


あふれ つづける


ひかりにうつる

すいもんの

ながれさるままに


うぶゆ そそぎ

かいもんする

この ち

この こころ




2013年12月30日 (月)

わたし わたす


おかえしだなんて

そんな セコいことしない


おん も

いいこと も

わること も

かえしたり しない


だって


ぐるぐるぐるぐるぐるぐると


流れがよどんでしまうから


うれしさは つぎの だれかに

よろこびは ほかの なにかに


わたしてく

つくってく

ながれてく




すき と お る


みえているか

その風は

とおっているか

きみのなかに


このちの ぬくもりが うまれ

このそらの さざなみが とける


はじまりの むこうから つづく

そのさきの かなたへと とどく


すきとおった

その風は




2013年12月29日 (日)

つつ そうじ


の ば し て

と お し て

そ こ ぬ い て


ず こ ん

ず こ ん


つ ま っ た  ど ろ ど ろ

は き だ さ れ


ず こ ん

ず こ ん


つ み

か さ な っ た

お り が

そ げ


ず こ ん

ず こ ん


ず ご ご ご ご


よ け い な

お も わ く

な が る る る




心笑みし


ゆ に と け て


あ り が た ろ う が


な か ろ う が


う れ し


こ こ ろ に


か な う も の な し




@「うれし(い)」の語源は 「心笑みし(うらえみし)」だという説があるようです
 心は体の内側にあるので 古くから「うら」と呼んでいたとか
 あるいは 心の奥深いところを「うら」と呼んだとか


2013年12月20日 (金)

ともにいく


せ  を  あ わ せ


さ さ え あ う


ひ と


み え ず と も


つ た わ り し


ね つ


ひ だ ま り の ご と





北 の 月


照 ら す


わ が 身 の


影 法 師


光 に ま ど う


ま な こ に 見 え ず




透風


見 上 げ た る


ま っ す ぐ な 眼 の


す き と お る


か ぜ


ふ き わ た る


あ ま


か け ぬ け る




北の月


自 ら を


自 ら に 捧 ぐ


贄 と し て


深 き 泉 の


水 底 に 沈(し) む




縁起


観 世 音


罪 し る 涙 の


罪 ふ か き


哀 の 泉 は


か れ


の に


あ い  て




2013年12月15日 (日)

あい ひらく


は じ ま り に


よ み


ま ち が え た


プ ラ グ イ ン


あ や ま ち の


か み に


し る さ れ た


コ ト バ に よ り て


か こ わ れ し


ど う ど う め ぐ り の


こ の  う ち ゅ う


と じ ら れ し わ は


ひ ら か れ て


あ ひ の い と な り 


な が れ い く か な




2013年12月12日 (木)

はじまる


あ お き




リ ー ス を


と き て


あ か き




ひ ら く


な が れ る


と う じ の







2013年12月 7日 (土)

大地(たいち)


た い せ つ の


ひ か り


か が や く


し ろ き ゆ き


き え て


あ ら わ る


く ろ き ち に


い の ち


ひ ら き く


ふ ゆ




は る




« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »