« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

つきぬけし New Year's Eve


ふ じ の あ そ

ま ち つ つ け た る

あ す み に て

よ み お え ら れ し

か み

ふ ふ き


き こ ゆ

た き の ね

み つ

し ふ き


か い ろ

ひ ら き て

う み ゆ き て

こ の は な さ く 夜 の

き た り て は

ゆ き ゆ き て い く

の の は ら を

そ め し

も も い ろ

さ く ら は

ふ ふ く




@ Eveには、
  聖書に出てくる女性名としてのイヴと
  クリスマス・イヴなどに使われる夜を意味するイヴの
  二つの意味があります。
  女性名のイヴは、Wikipediaによれば
  「呼吸する」という意味のchavah(ハヴァ)や「生きる」という意味のchayah(ヤハー)に由来する、
  とありました。
  もう一つのイヴは、「夜・晩」を意味する古語のevenに由来し eveningも同じ語から派生しているようです。
  かつて 一日は夜から始まると考えられていて、
  クリスマス・イヴは クリスマスの前夜ではなく クリスマスの夜(orクリスマスが始まる夜)を意味します。
  この二つのEveの間に 何か関係があるのかどうかは分かりませんが、
  いろいろ連想や空想が広がっていき 偶然にしろ興味深いものがあります。

  ちなみに今日は 旧暦の大晦日。


うみゆかば あらたし さくら


う み ゆ き て

か え り み は せ じ

や ま ゆ き て

か え り み は せ じ

お お き み の

へ に

ゆ き た る は

う ら や す の う み


古 よ り

今 の 現 に

流 れ た る

ひ と の こ よ


ひ ら き た ま へ

あ ら た な

か い ろ

う る わ し の

さ く ら

さ き た る

う ら や す の く に




2014年1月28日 (火)

あらたな かいろ


き の か ぜ は


二 二 の


ふ た


と り


は ば た き て


あ ら わ れ る


う み


あ さ な ぎ の


ご と く


な み た つ


か い ろ


ひ ら き ゆ




@ 昭和天皇御製「あめつちの かみにぞいのる あさなぎの うみのごとくに なみ立たる世を」


@ 二二:ふじ 不尽 不二 富慈
     二×二=四 → 正四面体 → 三つ鱗紋


2014年1月24日 (金)

ひきざん


     *


「何かしなければならない」

という

おもい を てばなすことは

「何もしなくていい」

という

おもい を もつ ことではありません


いらないものを

ただ

すてる


   きのうまで ひつようだったものも

   きょうからは ひつようないかもしれなくて


それにかわる

別のおもいは

いりません


空いたスペースに

おのづから

なにかが

ながれ

はじめます


     *


NO-THIGNESS


そ そ が れ し


あ い



て ば な し 


き み


愛 し


N O - T H I N G N E S S
 ( む い ち も つ ) 


ゆ え に


こ こ ろ


ひ ら き く




2014年1月22日 (水)

だいかん


は く ひ ょ う の


ひ か り


か が や く


ま く


わ れ む


ほ と ば し る


流(り) の


み つ


い き い き 





@大寒の奥多摩にて


2014年1月16日 (木)

ほ とく

     *


かみに
あいされて

かみに
まもられて

かみに
みちびかれ

かみに
おそれられ

かみに
ねたまれし

ひと

みずからに されたことを

くりかえす


おのれが

おのれに してきたことを

くりかえす


ひととのあいだで

かみとのあいだで

じぶんとのあいだで


くりかえす


  うちこまれた くいを 抜け
  烙印の かわを 脱げ


とらわれの ものかたり

かこわれ たまま


依存と支配の

被害者と加害者の

子羊と救世主の

ものがたりを

くりかえす


  うちこまれた くいを 抜け
  烙印の かわを 脱げ


与えられた

ナニモノカの物語を

選んでいるのは

じぶん


  ほかの だれかの
  ほかの なにかの
  承認はいらない

  あなたのものがたりを
  あなた自身で
  いきる
  ため


  まなびは
  くるしみではなく
  おどろき や よろこび
  とともに

  苦行は要らぬと
  ひとが知ってから
  十分すぎるときが経ちました


自縛の

呪縛の

なわをとけ


     *


2014年1月13日 (月)

せんげん


せ ん の も と


ひ ら き て


す く う


い づ み あ り


ふ じ の し ら み ね


ゆ き と け て


ま ち た る


と り の


つ ぐ こ え は


は る の お が わ の


う つ く し き こ と




2014年1月10日 (金)

いしわり さくら


さ  く  ら

さ  く  ら

の  に

ひ  ら  く


さ  く  ら

さ  く  ら

う  し  お  に

の  っ  て


つ  る  み  の

ち  か  ら

は  た

は  た




2014年1月 3日 (金)

こま すすむ


て は な し て


て は な し て


か ぜ の や う に


か ろ や か に


み つ の や う に


さ ら さ ら と




2014年1月 1日 (水)

おときはなし


あ  い


う  え







« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »