« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

ニッポニア・ニッポン

    *


不 知 の 縁

と き

き た り


不 知 の 水 辺

と き

き た り


か わ り つ づ け る

不 死 鳥 の

nipponia  nippon


だ い ち か ら と び た つ

つ ば さ を え た

始 祖 鳥 よ


と き

き た り


  と き  は  と く

  と き  ほ  と く


い ま

は ば た く

鴇 色 の そ ら


    *


@2014/03/26(水)


2014年3月20日 (木)

みつみつし


は る の あ め


ね む り か ら

さ め て

は じ け る

お と め の

や う な

い ろ

い ろ


だ い ち に

あ ふ る る


み つ み つ し




2014年3月15日 (土)

瀬音


瀬 を は や み

い わ に せ か る る

た き か は の

わ れ て も す ゑ に

あ は む と ぞ

お も ふ

(崇徳院)



い そ の な み

い せ に よ せ て は

か え す な み

い ま す

な が れ は

い し の い さ な ひ



そ の

せ お と

す き た り し も の の

こ と わ り は

し き を め ぐ り て

さ く ら の と き て



か く れ た る

み ち の

い と な み

ま か さ れ て

ひ と の ち し お は

う つ く し き か な



み ち の く の

み ち

と と の え て

み ち み ち て

か ん が え る ひ と

こ こ に は じ ま る



あ ま つ ち の

す こ や か な り て

ひ と の み ち

ひ と つ の り に て

あ る こ と を し る



う つ く し の

か ら だ の

う ま し

か ん じ ゅ に て

て ん た い を 支 す

空 な る を し る



お こ な い と

で あ い に

せ お と

き き な が ら

い き る

こ こ ろ と

ひ と

う た う か な




2014年3月 8日 (土)

わたしの からだ

   *


からだ は
から だ

もの

こと

ながれてく


からだ は
から だ

もの

こと

であってく


からだ は
から だ

どんな
けしきも
えがけてく


からだ は
から だ

いろんな ものこと
わかる
ばしょ
いろんな ものこと
かわる
ばしょ

   わかる
   という 平和
   かわる
   という 調和


からだ は
から だ

ひとつ ひとつ が
ひとつ になって
ひとつ のばから
ひとつ ひとつ が
うまれてく

   もの こと ながれ
   もの こと り


からだ は
から だ

うつりつづける
ひとつの
わたし


   *


2014年3月 5日 (水)

アフリカ類人猿:ヒト


     *


森のなかで
たちあがったサルは
循環の繰り返しから抜け出し
あらたな流れが
うまれるのを
かんじた

あらたな流れは
あらたな感覚をうながし
あらたな世界が
ひらけていった

もう
森は
かつての森ではなかった

うまれかわった
からだに
ふりそそぐ
濃密な世界
うけとめきれないほどの
みのり

それは
よろこびだった


大地からときはなたれ
木をにぎりしめていた
手は
やがて
天にのび
空をつかむ

からだは
はらわたを
ささえるために
つくり
かわり
かわりた からだに
あらたなセンサーが
うまれる


のばせば
のばすほど
ふれられる
この世界のゆたかさ

みのりは
つねに
うまれつづけ

感受した
けしきは
そのみをつらぬいて
こえ
ひびく


あらたな世界は
あらたなサルを
祝福し
あらたなサルは
あらたな世界に
歓喜し

ともに
あらたまりつづける


サルの足の指は
すすむために
まっすぐ
前を向いて
そろい

裸子植物から被子植物へ
移り変わるかのように
衣をまとい
火をえて
どこででも いきていける ものとなった

世界をまったき信頼しているからこそ
サルは
毛皮を手ばなしたのだ

手ばなし続けているのだ


世界の すみずみへ

この世界の美しさ
この世界の豊穣
この世界そのもの
と であうために

あますところなく
世界を享受するために

みずからのうちに
かかえこまなくとも
世界が
やしなってくれることを
知っているがゆえに


   ホモ・サピエンス・サピエンス


ヒトは
楽園を追放されたのではなく
楽園を出てこそ
本当の楽園がひろがっていくことを
知っていたのだ


あのときから
およそ600万年
まだ
木の端をつかんでいた
その手を
はなすときが
きたようだ

にほんのあしで
ひとりで
あるくために
長いときの
準備が必要だった


もう
ひとりで
あるけるだろう


いま
やっと
サルはヒトとなる


     *


2014年3月 1日 (土)

草木萠動(そうもくめばえいづる)


あ ま み つ に


く さ き は


め ば え


い づ る


と き


も も の 節 句 に


も も い ろ の は な




« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »