« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

しょうわのひ


は じ ま り か ら

み ち の り に


し ょ う わ す る


こ し か た を

す べ て

し ょ う か し




続きを読む "しょうわのひ" »

いのり


い の る  と は

の る

こ と


い の り  と は


ひ と つ ら な り の

お こ な い



しょうなん


あ ら た ま の

な が れ に

か み は

あ ら わ れ て

し ょ う な ん の

う み

ひ と り

た た ず む




2014年4月27日 (日)

うつき


ひ ご と


い の ち

い し き

お き て




2014年4月24日 (木)


し き て

し い ぬ

そ の

あ は ひ


し こ く

う ま れ た り




2014年4月23日 (水)

F


Frame

From

Forward


どこか から きて

どこか へ むかう


I am born

あい あむ bone


フーレム

骨格

Ri に かなう


しなやか

のびやか

ふんわりと


Flow

Flow

In-Fluence


ながれの

あいて

まえにすすむ

みちとなる




frameの語源


2014年4月22日 (火)

いき


い き


い き


か ら だ が

か ら だ が


い き


い き


ふ い ご の や う に

は き だ し

も え る


い き


い き


そ れ は

き づ け ば

き づ く ほ ど


ひ と つ の

わ た し を

と と の え る




2014年4月21日 (月)

<コトバ>@2013/04/20(土)

     *


ひかりが
封じられたのではなく
はじまるものを
ひかりが封じた

あま て ら す 

ものがたりは
うら

おもて


みちがう 

 ひ 
 か 
 り 
 の 
 
えん まく 
 
 いのちを 
 お 
 お 
 う 
 
 ひ 
 か 
 り 
 に 
 よ 
 っ 
 て 
 
 いのちの封じ 
 
 (12:13)


   *


み ち つ く る 
ひ 
か 
り 
こ 
え 
みちのくに 
ひ 
と の よ に 
 い こ う 
 す 
 る 
 
 う 
 つ 
 き 
 に 
 て 
 
 ひ 
 の 
 も 
 と 
 の (=光の奥に封じられたもの) 
 こ 
 え 
 き 
 き 
 
 し 
 
 いのちのもえ 
 る 
 いの 
 り 
 しる 
 
 (12:55) 


   *


 ひ 
 か 
 り 
 と 
 き 
 
 て 
 
 い 
 の 
 ち 
 も 
 ゆ 
 
ひのもとの秘 
に 
いたるもの 
 
(12:55)


   *


 ひ 
 か 
 り 
 に 
 て 
 
 封 じ 
 し 
 い の ち の 
 こ 
 え 
 き 
 き 
 て 
 
 ひ 
 か 
 り 
 に 
 
 の 
 の 
 も 
 の 
 
 み 
 ち 
 お 
 お 
 わ 
 れ 
 て 
 
 ひ の も と の み ち の 
 陰 に 
 在 り 
 ひ 
 と 
 ひ 
 の 
 基 
 に 
 こ 
 こ 
 の 
 え 
 の 
 み 
 ち 
 
  イのチのも と の 開 く 
 みつのヒ 
 
(12:59)


   *


@今日 何かを調べているときに開いたファイルに記されていた言葉です
 見れば、ちょうど去年の穀雨の日に書き留めたもの
 今の時代、この手のモノはあまり他人(ひと)様の目に晒すものではないと認識しておりますが、
 なんとなく 公開しておこうかな、という気持ちになりましたので…

 言うまでもありませんが 文責は私にあります


2014年4月16日 (水)

みえないあめ


みえないあめが
ふりそそぐ

ぱっくりあいた
からだから
ながれつづける
あかきちを

とうめいな
みずが
あらうのだ


ながれたちにより
かたまった
さびつく
ふしぶし
あらわれて

やっと
いきをふきかえす


そそがれる
みえないあめは
どろも
ちのりも
ねんまくも

からだの
すみすみ
ゆきわたり


すきとおった
みずが
ながれだす




TAP


tap tap tap

たたけば

もん

ひらかれる


tap tap tap

よどんだ

みづ

ながすため


tap tap tap

せん

あいて

とうとうと


もんとうの

みち

うまれいく




@2014/04/15(火)


まなざし

   *


   やま
   さくら


やわらかな
まあい

こころは あそぶ
からだは あそぶ


   ひびきわたる
   こどもの うたごえ


かわりいくもの

きづく
のは
しなやかな
まなざし


とらえても
すりぬける
“普通”の
ものこと

けして 持ちつづけることはできず
けして 固定することはできず

うごきによりそう
そのまなざしのみが
かぎりなき
かのうせいを
みまもる
そのまなざしのみが

生木に花咲くを驚く


   *


2014年4月11日 (金)

こくう 〜今年の穀雨によせて〜

   *


からだは

こくこく と

うまれかわり

いのちは

こくこく と

あらたまりつづけ

けして

すぎた時空には

とどまらない


   だれが
   過去に戻りたいだろう
   あるくために
   うまれてきたというのに


どうどうめぐりの

復活をくりかえすのは

いのちから

はみだした

意識


復活のものがたりのなかで

くりかえし

救世主をもとめるのは

いのちへの

かえりかたを

みうしなった

意識


   救世主に
   にせものも
   ほんものも
   ないのです


復活

という

過去のくりごと

ではなく

あらたまり

かわりつづける

みち


春の雨は

ふるき ち の

こりかたまった

ほこりを

あらいながし

復活の

ものかたを

すすき

おわらせる


百穀春雨に潤う

ひに

あしはじめてしょうず


   あるきはじめるために


今日は

いのちひらく

復克のひ

福活のまつり


   *


@復:同じ道を行き戻りする意
 福:示(高杯にものをのせて示す意)+畐(酒などを満たした容器、満ち足りた様子の意)


弥生

   *


い の ち の

し る

な が れ

あ ら わ れ る

か ら だ

お と

つ れ て

ひ ら か れ る

み ち


   ひ と  あ り


天 平 の

甍 の な み

こ え て

平 成 た る

う ま し と し


に じ

た る

ア ヤ メ の

は な

ひ ら


   *


はなのよ

   *


はなのあめ

あかりて

はなひえの

よに

かがやく

ひとつぼし


やみに

ひは

はじまり

空を

めぐりて

ひかりは

やみにかえる


そうして

よは

あらたまる


あらたまりつづける


   かくれた
   不知の縁へ
   かくされた
   ふぢ の ふち へ

   それは
   かわりゆく ば


やみのなかで

いのちは はぐくまれ

やみのなかで

うちゅうは すすむ


ひらかれた門に

このミをすませば


かんじるだろう

その

おとづれを


   *


@2014/03/27(木)


2014年4月 9日 (水)

通門

 


「ここに来るまで たくさん歩いてきたんです」


門の前で

出会った女性は 

そう言った


「ここからが本番ですから しっかり歩いて下さいね」


応える私に

たしか87歳と


「じゃあ ここを通ったら 100以上まで生きられますよ」


あたたかな

はるのひの

とおりすがりの

ひととき


2014年の はなまつり




@80歳代だったことは確かなのですが、もしかしたら「84歳」(あるいは他の年齢)だったかも…


はなまつり


と り と り の


さ く ら


ほ ほ え む


わ か め


も ゆ


あ つ ま の も り は


う つ く し の


い の ち


み ち み ち


も ん


ひ ら か れ て




他のブログにアップした詩ですが こちらにもアップしておくことにしました


2014年4月 6日 (日)

春雷


と き は


せ い め い


か み な り て


は な の あ め




« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »