« くぬき | トップページ | きくのてふ »

2014年6月 9日 (月)


あ ま の は ら


み か さ の や ま に


い で し つ き


ふ り さ け み れ ば


月 桂 の


め で た る チ に て



あ か り


て ら し た る ひ は


の を は ぐ く み て




こちらのサイトによれば、
 「圭」という文字は 「円柱や多角柱の形状が持つ均整のとれた美しさを表しており、
 そこから転じて、均整の取れたものを表す漢字の部首として用いられた」とのこと。

 また ウィクショナリーによれば、「呂」という文字は 背骨の象形に由来し、
 「ならんで続く」意。音声は「旅」と同系とのこと。
 ただ 「宮」の字源は、「ウ」+「呂」ではなく、
 「ウ」(建物を意味する形)+「口」(部屋を意味する形)を二つ重ねた形、
 とする説があります。


« くぬき | トップページ | きくのてふ »

詩・うた」カテゴリの記事