« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

めざめの春

   *


うばうものを
やしなってきた

うばわれ
つづけることをやめ

あたえ
つづけることをやめ


  「うばう」
   と
  「あたえる」

   相補のカタは
   そのひとつに ゆがみがあれば
   もうひとつもまた ゆがんでる

   だから
   たぶん
   あたえること
   は
   どこかで
   うばうこと
   に
   つながっていく

   それに
   あたえる
   ということばには
   ちょっと
   傲慢さが
   漂っている


おのれ

いきる

いきる
いきる

ともに いきる


   いきる
   ことは
   要らないものが
   しす
   こと
   と
   つながっている


海から陸へ
森から原へ
豊穣の地をあとに
過去に戻らず
いまに止まらず
未知の世界へ

わたしたちは
すすんでいった
ものたちの子孫


   いきものとして
   いきのこるために
   刻まれた
   おそれ

   憎しみや怒りや妬み
   という
   感情の奥に押し込めた
   おそれ

   ひとのため
   という
   美句にくるまれた
   おそれ


おそれ

知恵

かきかえながら

いきる
いきる

ともに いきる


あらたな コトバ を
あらたな チ を

さがし
もとめず

うみだしてゆく


2015年 春

女覚めるとき

めざめのとき


   *


2015年2月17日 (火)

四十雀


は  ず  み


と  び


み  ち


し  め  す  か  な


四  十  雀




風たちぬ


梢  ゆ  れ


風  が


は  ば  た  く


あ  か  つ  ば  き




2015年2月 3日 (火)

伏流水


永  久  凍  土  の


い  わ  し  み  ず


春  の  風  に


ほ  ど  け  ゆ  く


だ  い  ち


ふ  か  く


ひ  め  や  か  に


ふ  し  て


な  が  れ  て


り  ん  り  ん  と


豊  饒




« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »