« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

よあけ


と き は き て


し じ ま よ り し み


い づ る


み ず


ひ ぐ ら し の ね の


さ ざ な み に


み そ ぎ


あ ら た む


よ る か ら あ さ へ




ブルームーン


ゆ き の


か が や き


つ き


ひ か り


し ん


し ん



よ る に い き づ く


ふ み つ き


み そ か




2015年7月22日 (水)

どこまでも いける 空


どこまでも つきぬけて

しみる あお


波のおと すら きこえない


おくゆき や ふかさ

という概念は きえた


最強の吸引力を誇る掃除機が

あらゆるほこりを

もれなく

瞬時に吸い込むように


それが なに と

きづくまもなく

もろもろ

要らないものが 吸い込まれて


いく


わたしは 空


次元を超えた 空


ずっと どこまでも


いける


あお




2015年7月13日 (月)

裸足


今日は一日
はだしで
すごした

ある画家は
ちゃんとものをみようとするとき
はだしになる

言っていた

はだしで お寺を あるくのだ


今日は一日
家にいたのに
大地をとても近くに感じた

そして
背が高くなった気もした

矛盾しているようで そうでない


五本指のソックスや
わらじの厚みさえ じゃまで
今日は一日
はだしで
あるいた


ある画家じゃないけれど
たしかに
世界が変わった

ほんのすこし
そして
ものすごく

少なくとも 今日一日は


じんじん している
じんじん つたわる

夕焼けは茜色
ごはんがうまい



2015年7月11日 (土)


い き る  い き る

い き

い き


う ご く  う ご く

い き

い き


あ る く  あ る く

い き

い き


は ず む  は ず む

い き

い き


す す む  す す む

い き

い き


つ く る  つ く る

い き

い き


う ま れ て

う ま れ る

い き

い き


い っ し ょ に

い っ ぱ い

い き

い き


あ ら わ す

あ ら わ る

あ ら わ れ る


し ぜ ん に

つ た わ る

い き

い き


つ な が る

し ぜ ん に

い き

い き


い き て

い き て

い き

い き


こ と ば

う ま れ る

い き

い き




2015年7月10日 (金)

終 END


お わ る


お わ っ た


お  わ っ た


お お


お お


お お お


お わ っ た も の は


さ よ う な ら




@終=「冬」(=冬の貯蔵用の食物をぶらさげたさまを描いた象形文字→いっぱいたくわえる)+「糸」
  =糸巻きに糸をはじめからおわりまで いっぱい巻いて蓄えた糸の玉
  →最後までいきつくの意を含む

 END<PIE root「ant-」= front, forehead

とのこと


変容そして変態 transformation


か こ  の  こ と ば


か ご  の  こ と ば


す て て


い き る  こ と ば


す す む  こ と ば


な が れ る




@容=「ウ」(=家、建物)+「谷」(=八(=水の流れる形)+ 口(=あな))
 態=「能」(=“あることができる”可能性 )+「心」=「あることができる心構え」の意
 とのこと


2015年7月 3日 (金)

たきのあめ


あきらかにして

あきらめる


「してあげる」

という支配をてばなし

みづから いきはじめるのを

ただ

みまもる


ながすのではなく

ながれるように

ほんのわずか

てをあてて

みづからながれだすのをまつ


やさしさ

いわたり

おもいやり

あい

という言葉で装飾し奪い続けてきたことを


世間体

常識

忍耐

献身

という恐怖によって抑圧し続けてきたことを


あきらかにして

あきらめる


たき の あめ

そらから そそぐ


地球の熱が

宇宙へながれる


よどむことなく いきるのだ

ゆちゃくせずに ながれよと


進化をうながす

あめがふる




« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »