« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

コミュニケート・コミュニティ


感 受 し て

世 界 を

あ ら わ す


誰 か の 感 受 を

感 受 し て

世 界 に

あ ら わ す


シ ン プ ル が


あ ま れ て

う ま れ て


複 雑 に


あ ま れ て

う ま れ て


近 く に い て も

離 れ て い て も


ど こ か で

ふ る

F U L L

I N - F U L A T I O N


風 に 吹 か れ て

風 と な り


い つ で も

ふ ら

F L U -

F L U C T U A T E


ゆ ら ゆ ら と

ゆ ら ぐ 波 た ち

フ ラ ク タ ル ( F R A C T A L )


F E E L

S E N S E

S E N S A T I O N



@COMMUNICATE, COMMUNITY
 < communicare “to share, divide out, communicate, impart, inform; join, unite, participate in,” literally “to make common,”
 related to communis
 <PIE ko-mon-i- “held in common,”
 < ko- “together”+moi-n-, suffixed form of root mei-(1) “change, exchange, go, move”, hence literally “shared by all”

 INFLATION< in- “into”+flare “to blow”

 FLUCUTATE< fluere “to flow”

 FRACTAL< frangere “to break <PIE root bhreg- “to break”

 FEEL< PIE root pal- “to touch, feel, shake, strike softly”

 SENSE, SENSATION< PIE root sent- “to go”


@communicateを日本語であらわすと 「いきかう」(生き交う、行き交う)かなぁ…。


2016年12月28日 (水)

麋角解(さわしか つの おつる)


ぶ あ つ い 雲 の


は る か 上


お も い 扉 が


ひ ら く 音




2016年12月27日 (火)

うた うたう/uni multi-verse cosmos


音  を  き く

世 界  を  き く


音  を  だ す

音  を  た す


自 分 の 世 界  を  だ し て  た す


世 界  に  か か わ る

世 界  が  か わ る


あ ら た な も の が

お と づ れ る


手 を 打 つ

石 を

樹 を

土 を

水 を

自 然 を 打 つ


口 か ら

喉 か ら

腹 か ら

足 か ら

体 の 中 か ら  音 を だ す


な み な み と


お と を う け

お と つ く り

お と ひ び く


な み な み と


か わ る

か か わ る

わ た し も

世 界 も


わ た し の こ え

わ た し を こ え


世 界 の こ え

世 界 を こ え


こ え

こ え

こ え る


こ え

ふ ゆ る


ふ る

ふ る

ふ ゆ る

わ た し と 世 界


知 る た め に

知 る た び に


う た は は じ ま り

ひ と

う た う た う


う た/宇 多

織 り な し て

唯 一 の

Multi-Verse Cosmos


宇 宙 は う た う




Winter Music


冬 の 朝

固 い 空 気 を

鳥 た ち が 揺 ら す


火 を 入 れ た ス ト ー ブ が  や わ ら げ

昇 る 太 陽 が  と か し 始 め る


そ れ で も  ま だ

部 屋 の 中 は

眠 っ て い て


だ か ら


音 を そ っ と 流 し 込 む


ゆ っ く り と

こ わ ば っ た 空 気 と

か ら だ が

揺 ら さ れ

や わ ら ぎ

と け は じ め


な み な み と

沸 き 立 つ 空


お と ひ め

お と づ れ

う た が

あ ら わ る


そ し て

や が て


流 し 込 ん だ 音 は 消 え


ひ と は

自 然 な う た を

歌 い だ す



@WINTER<from PIE wend-, from root wed-(1) “water, wet”

 MUSIC<from Mousa“Muse”, from PIE root men-“to think, remember, have one's mind aroused,”

 →Winter Music ≒ Water Music ≒ Water Thinking



ふ ゆ の 音 楽

ふ ゆ る お と


み ず の 音 は

み ず の キ オ ク


み ず

し こ う

目 覚 め た

流 れ


み ず か ら

す み ず み

か ん が え る




2016年12月23日 (金)

水墨


気 の 早 い

春 み た い な 低 気 圧


誰 か が 置 い た

一 滴 の 墨 は

気 流 に 乗 っ て

自 由 に

ふ ゆ 空 を 描 き 始 め る




@12/22(木)


2016年12月22日 (木)

BUENOS AIRES


大 地 の 傷 に

手 を あ て る


錆 色 の 赤 土 は

沸 き 立 つ 血 の

茜 色 へ と


上 気 す る

発 散 す る


螺 旋 に 刻 ま れ

幾 重 に も 複 雑 に 絡 み 合 っ た

硬 直 の チ カ ラ


断 ち 切 ら れ た

つ な が り は

あ ら た な か た ち を

構 築 し


閉 じ ら れ た 水 路 は

拓 か れ て


い き き す る 道 が

う ま れ


B U E N O S  A I R E S …


吹 き 渡 る




あい、ならわかる


愛、って

よくわからない


っていうか

枠がズレてて

ピンぼけしてて

なんかイマイチしっくりこない


LOVEも

AMORも


ラブも

アモールも


他の言語も


でも

あい、ならわかる

気がする


あう、とか

あふ、なら

より一層


アイ

アウ

アフ


AI

AU

AFU


体ごと

体からあらわれる

オトとして


体ごと

世界にあらわす

コトバとして


あい、なら

少しはわかる

気がする


とっても広くて

普遍なできごと




2016年12月21日 (水)

写真


いつか
どこか
誰かの手の中で
砕け散った
ガラスの破片

あるいは

いつか
どこか
誰かの手の中で
砕け散る
ガラス


圧のためなのか
あたたかさのゆえなのか


カツ カツ カツ

しなやかな生身を求める
硬質な乾き

しっとりと濡れているようにみえるのは
子どものふりをしているから


汗ばんだその手が
幻のへその緒を固く掴んで放さない

世界の中心でないことが
世界に中心がないことが
おそろしくて
羊水に映る夢を見続けている

誰も知らない沙漠の土が
とめどなく圧縮されて
宇宙に発する声が
空から降り注ぐ


触れても 傷つきはしないだろう
握りしめても 切り裂きはしないだろう

泣いているのは
あなただから


ただ深く潜り込んでゆく

ふかく

ふかく

破片が血になるところまで

ながれ

ながれて

ながれとなって


あなたは何をうつすだろう




@ある方の文章を受けて
 本日 冬至


2016年12月20日 (火)

冬至夜


見 上 ぐ れ ば


宇 宙



灯 台


吾 の 足 音




2016年12月17日 (土)

線路沿い


立 ち 枯 れ の


草 の 群 れ


凛 と


あ た た か




帰途


星 影 の き ら め き


透 と き


夜 空




2016年12月16日 (金)

とし あらた


み つ つ き

み ち つ き

み ち み つ る つ き


り ん

り ん

り ん げ つ


の ぞ ま れ て




@本日より「鱖魚群(さけのうおむらがる)」(略本暦/日本)、「荔挺出(れいてい いづる)」(宣明暦/中華)


2016年12月15日 (木)

満月のふゆ


望  月  の



ど  こ  ま  で  も


わ  た  る






@12月14日(水)


2016年12月14日 (水)

namoなみ


ゆ ら ゆ ら

ゆ ら り


な み な み と


ゆ れ て

ゆ れ て


と ど ま ら ず


い っ し ょ に

あ ち こ ち

う ご い て る


か わ っ た

な み が

ひ ろ が っ て


く み あ わ さ っ て

展 べ 開 き


時 空 に な っ た り

光 っ た り

重 力  量 子

確 率  ゆ ら ぎ


ム ラ ム ラ に

持 ち 合 わ せ て い る

可 能 性


集 ま り

引 き 合 い

関 わ り あ っ て

幾 重 に 重 な る

フ ラ ク タ ル


同 じ 時 空 場  条 件 は

け っ し て 存 在 し な い か ら


な む

な む

な む  た


な み

な み  た


い き づ い て い る

最 初 の ウ ゴ キ


ゲ ン [源/弦] の オ ト

聴 こ え て る




ふゆのまど


ふ ゆ


窓 を あ け た ら

北 風 の 子 守 唄


あ ま く

香 ば し い

湿 っ た 樹 木 の

乾 い た 幹 の 匂 い


う ち に ど ん ど ん 膨 ら ん で

い の ち が 深 く 潜 り 込 む


ね ん ね ん

こ ろ り よ

お こ ろ り よ


凝 縮 を 運 ぶ 風 が 吹 く


芽 吹 き の 季 節 [とき] は

も う す ぐ だ




2016年12月11日 (日)

青出


ど こ ま で も

頭 上 に 広 が る

空 は

わ た し た ち の

故 郷


い ろ い ろ

違 っ て い る け れ ど


み ん な

同 じ と こ か ら

や っ て き た


ひ と つ の か た り を

つ な ぐ も の




2016年12月 9日 (金)

臘月


臘 の つ き


墓 場 で 一 服


春 一 番




2016年12月 8日 (木)

成道会







@本来 成道会は臘月(旧暦12月)の8日。今年度は来年の1月5日(木)。


2016年12月 7日 (水)

ワダツミの月


ち ぎ れ 雲 の

お 月 さ ま

あ か る い 水 色

浮 か ん で る


海 に と け た

星 照 ら す

わ だ つ み の 木 の う た

聴 い て い る


流 れ る 髪 は

白 雲 に

足 が 触 れ た 水 底 の

砂 は

空 に 還 っ て く




2016年12月 1日 (木)

いざない


ひ よ ど り の


い な な き


と お る


み ち し る べ




道程


み ち が で き


か ぜ が と お り


水 流 る




雨あがり


あ め あ が る


ひ よ ど り


い な な く


山 茶 花


ゆ れ る




開闢


か さ ぐ も の


さ り て


は れ た る


み の り と き




« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »