« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

てん


そ こ か ら

切 り 取 っ た


そ う

認 識 し た


そ の よ う に あ る と

み な し た


こ と




@WORD < PIE root were-(3) “speak, say”

 speakとsayの使い分け
 
 SAY < PIE root sekw-(3)“to say, utter”

 UTTER < Middle dutch or Middle Low German utern “to turn out, show, speak,”from uter “outer,”comparative adjective from ut “out”


せん


て ん が

変 化 す る


場 に 刻 ま れ る

あ る

き せ き


*



日没


陽 が 沈 み


あ か ね 極 ま る


夏 越 し 空




2017年6月29日 (木)

かせん


み ち の み ち


せ ん を ひ く


地 上 に

宇 宙 に


せ ん と な る


地 上 で

宇 宙 で


重 力 場 が 動 き だ す




singularity


自 然 に は な い


自 然


に わ





2017年6月28日 (水)

あるかな


あ る か な

あ る か な


ア ル カ ナ

あ る か な


あ る

あ る

そ こ に


あ る

あ る

こ こ に




@ARCANA < PIE root ark-(=to hold, contain, guard)

 al- = PIE root meaning "to grow, nourish"


重力の辺[ほとり]


そのまなざしは
さまよい
ときどき
うかれたり
ふざけたり
ふりをしながら
遠くを見ているようで
宙を泳いでいる

あるき続け
たずね続け
たどりついた浜辺

浮き足は
空を掻き
水底にも
地の底にも
触れることはない

天水は出口を見つけて
大海に注ぎ込んでいるというのに
わたしは
ひとり
波打ち際で
漂っている

誘う辺の傍らで
わたしは
茫漠としたままに


いつもの風が吹く


結び合う
重力

確かに感じる


いつか
きっと
どこかで

わたしの
うみへと




@由良環写真展「重力の辺」の「展示終了のご報告」の写真を受けて


2017年6月22日 (木)

あらわれる夏至


あ め


か ぜ



ぬ れ て


ゆ れ て



な つ い た る



あ ら さ れ て



吹 き 払 う


あ か ね そ ら




@6/21(水)


2017年6月14日 (水)

C


し ー っ


か ら だ を す ま す


し る  し る  し る る


き づ く こ と の 最 果 て に


し ー っ


う み に

あ ら わ る

波 打 ち 際 で


わ く わ く し て い る

や み に

い く


か く  か く

し か  し か


C A C U  C A C U

C I C A  C I C A


か け た る

C

し ー っ!



Img_2153

<NHK “SWITCHインタビュー達人達「坂本龍一×福岡伸一」”より>



やみ


やみゃ みゃ みゃ みゃ

みやげばなしにゃ
なりゃしない


やみゅ みゅ みゅ みゅ

ミュータントが
あらわれる


やみょ みょ みょ みょ

みょうちくりんな
もりのおく


あき き き き
あき あき あきち

ほがらかに
あきらめて

あきらかに
あき
きらめいて




@mutant < mutare “to change” <PIE root mei-(1) “to change, go, move”


2017年6月 1日 (木)

共振/共進あるいは変身/変進


かわり続けるいのちなら

あいし続ける定めなり


あいし続けることにより

かわり続けるものなりし


あいし

かわっていくことは

いのち

自明の

理で


からだ

つながり

自然に

地球

宇宙のしくみの只中で

すべて

あいし

かわりゆく


だれも

かれも

なにもかも

因果を織り成す糸として

あいし

かわるものなりき


因果はめぐるものでなく

つねに

あらたなものをうむ


あいし

かわり

うみ

あらた

ひらかれてゆく

みちをいく




« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »