« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

mutual core


ハトが10回
ときをつぐ

mutual
core

きりさめは
よこなぐり

からまるつたの
白い花は
かがやき

換気扇の
唸りは
とどろく
通奏低音

潮の香りは
山を越えて
ふきわたる

長い歴史の記憶から
漏れ落ちた
そしてまた
周到に隠された
気配と面影をおい
人口の光の中で演じられる物語を
葬って
長い繰りごとが
腐敗とも発酵とも判然としないまま
微生物に分解され尽くす

mutual
core

太陽が
みずからの系を
呑み込むまでには
まだ
たっぷりと
時間だけはあるから

この稀有な
岩石惑星で進化した
生命の最先端のひとつとして

mutual
core

決して
客観視できない身であることを
知りながら
決して
主観に溺れることなく

この身体が採用している
情報処理のシステムのありようでしか
世界を認識できないことを知りながら
意識に
存在を
呑み込ませることなく

ホモ・サピエンス・サピエンス

私たちの
mutual
core




@mutual<PIE root mei-(1)“to change, go, move”

 core<PIE root kerd-“heart”


垢離無中


雨 の 中


た わ わ に


み の る


花 々 の


白 き 陰 翳


太 陽 の 闇




2017年8月29日 (火)


わ っ 、

わ わ わ


う か ん で

き え た


な み

う ち よ せ る

な ぎ さ の

ほ と り


わ  か る

わ  す れ る


わ  た し

わ  す る


わ っ わ っ わ わ わ

わ わ わ わ わ


湧 っ 割 っ 分 別 判

話 和 環 輪 羽




Img_3239


french press


i n - p r e s s

o u t - p r e s s


あ ふ れ 出 す

か っ し ょ く [褐 色、 渇 色] の 涙


あ か き 地 の

は ぐ く み し 果 実


i m - p r e s s

e x - p r e s s


注 が れ る

か っ さ い [喝 采、 渇 彩、 活 才] の 水


す み ず み ま で

け っ か ん を

み た す


の ど を う る お し

こ こ ろ う る お し

玄 [く ろ] き ゆ め は

地 球 を め ぐ る




@french < Medieval Latin francus “free, at liberty, exempt from service”


黄の夢


N o, W o m a n


き い ろ が ゆ れ る


N o  c r y


v e r a n o の 夢 は


う つ つ に う つ る




verano < Vulgar Latin tempus veranum “sprig season”


No Woman no Cry


2017年8月28日 (月)

こうてん or 好展する交点


車 中 飛 ぶ


カ マ キ リ む す ぶ


た し ょ う の え ん [多 笑 の 縁 etc.]



@たしょう=多少、他生、多生(*この多生は、多くの“いま存在している生(命)”と言う意味です)etc.


2017年8月23日 (水)

秋立ちぬ


イ カ ル 鳴 く


か た


ほ ぐ さ れ て


秋 麗 [あ き う ら ら]




せいたい[整体→生体→成態]


い ん ね ん [因縁、隠粘、引念…] の


剥 が れ て


ヒ ト り


歩 き 出 す


こ と な り


う ま れ る


ヒ ト の


グ ラ ビ テ ィ [重 力→協 力]




潜象2


天 の 川


ひ か り が 隠 す


空 の ぞ む




2017年8月22日 (火)

潜象1


炎 帝 が


隠 す 星 々


空 仰 ぎ




my∫pace


夏 木 立


リ ュ ッ ク り 二 輪


白 鬚 の い く




夏の暮


蝉 の 声


し み て し た た る


昏 の 風




後景


缶 ビ ー ル


手 に 打 つ 端 末


煙 [け む] と 消 え


さ ま よ う コ ト バ


潮 風 の 街




聴萌


な き ご え て


ケ モ ノ か ヒ ト か


芒 野 に




まなざす


頭 [こ う べ] 垂 る


向 日 葵 向 く は


土 と 足





放 屁 / 放 比


に て


う ち か わ り た る


ち か く か な




むむむ


六 月 [む か つ き] の


お に


あ は れ な り


へ そ の を く




うたうたと


う た う た と

ね む る

こ ど も ら


う た う た と

た ゆ た ゆ

た ゆ み

た わ わ に

た ゆ む


う た

う つ

う た

う つ

う た

う つ つ


う つ し

う つ り て

う つ つ へ と


10 を 500 度 か け あ わ せ

な り た る 宇 多 の

ひ と と な り


U の 波 間 か ら

あ ら わ れ て

U T A

か ら

U T U

U T U R I

U T U T U


う た う た う た た

う た う つ つ



by Ψ


2017年8月20日 (日)

さんさんと


な つ の よ に


ひ が ん


は ら は ら


ゆ め


散 華



上昇気流


土 砂 降 り て


精 霊 飛 蝗


ひ そ み し は


閃 光 照 ら す


先 達 の 傷




2017年8月19日 (土)

昇華

*


白 牡 丹


し る く る し る く


フ ォ ト ン ト ン


生 滅 の あ わ


ほ こ ろ び て 空




記憶


う だ る



は だ け し


す き ま


地 の 匂 い




川端


草 の 実 の


り ゅ う し


の う み つ


あ ま の か わ




うつつ


炎 天 の


ま に ま に


う つ る


た ま ゆ ら の




このよ


う つ る な み
(U T U R U な み)

i n - d i v i d u a l

c o n

s y n



p o l y s - e r g y

i n - d i v i d u a l

A

s p a c e




2017年8月17日 (木)

ねむりひめ


「 お か あ さ ん !」


あ ま お と は じ け


な つ


ね む る




たび


白 黒 の


セ ン チ メ ン タ ル


や ぶ か ら し




安身[あんしん]


1 0 0 g



安 心


あ る



い き る




八月


い つ の ま に


と き の ま に


ち ん
[沈/鎮]


黙 祷




2017年8月 8日 (火)

たけ


た け

た け

夏 あ ら し


け た

け た

夏 こ ど も


ば ん

ば ん

ぶ ー

夏 は じ け


た か

た か

ひ ら く 空




Img_2946_2


存在の相転移


砂 時 計 の
セ ミ の 声 が
サ ラ サ ラ と
サ ラ サ ラ と
落 ち て き て
う つ わ を
す み ず み ま で
み た し て い く


時 間 も
空 間 も
あ ら ゆ る 次 元 が
う め つ く さ れ て
も う
ど こ に も
ど ん な ち い さ な 穴 で さ え
隙 間 は 消 え 失 せ た よ う に
か ん じ ら れ る


湿 度 は
と っ く の 昔 に
飽 和 状 態
細 胞 の 浸 透 圧 が
逆 転  逆 流 す る 手 前


だ ん だ ん と
だ ん だ ん と
硬 直 す る
世 界


嵐 だ ろ う と
爆 発 で す ら
揺 ら す こ と も
か な わ な い


あ ぁ
こ の ま ま 石 と な っ て し ま う の か


あ ぁ
あ ぁ
あ ぁ


あ ぁ
そ う だ っ た


あ た ま で は な く
か ら だ を ひ ね る
w r i n k l e
w r i n k l e
ト ゥ イ ン ク ル/t w i n k l e
素 粒 子 の あ わ い の 真 空
し わ し わ し わ

u n i -  v e r s e


シ ワ ワ ワ
シ ワ ワ


く せ が 外 れ る
間 が で き る


あ ら た な
シ [詩/風/姿/枝/糸/支/史/肢 etc.]

う ま れ だ す




@wrinkle < PIE root wer-(2) “to turn, bend”

 universe < PIE root oi-no- “one, unique”+wer-(2)“to turn, bend”

 verse=韻文、詩歌、詩の1行、詩句、詩篇 etc. < PIE root wer-(2)


2017年8月 2日 (水)

じげん(次元・次現・次間・次験・次弦)


隙 間 か ら

風 が

流 れ

込 ん で く る


ひ ら け

ひ ら け


あ ら わ る ぞ




2017年8月 1日 (火)

よち


夏 は  ふ ゆ

夏 に  ふ ゆ


生 の さ か り は

滅 は ら み


終 わ り と

始 ま り

わ か た れ ぬ


な つ は

ま う

ま う


な つ

お ど る


あ き た る

と こ ろ で

み の り の

種 を


夏 は 冬 に

花 ひ ら き


ふ ゆ に

は な は る

ふ ゆ ふ ゆ る


余 地

よ ち

の び ゆ く

み な ぎ る

い の ち




真夏の余


真 夏 の 日 差 し は

あ り あ ま る

豊 穣


止 ま っ て い る か と 思 う ほ ど

こ ま や か な 振 動 の 波

あ ら わ れ て


時 空 の 割 れ 目

存 在 の 隙 間 を

奥 底 ま で

潜 っ て い く


を ち み つ の




信頼とゆだねること


ち か く を こ え た


も の を


ち か く の な か で


を ち こ ち


を ち こ ち


え が こ う と す る


脳 よ


あ な た の 大 地


カ ラ ダ に


ま か せ て ご ら ん な さ い




« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »