« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

おとをいく


ち り り り


リ ン


風 の な み の 音


器 に 活 け て




とし あけ


ゆ ら ゆ ら り


奇 な る 偶


愛 で


と し


う ご く




びせいぶつ(2)


微 に な り て


R O O T (S) の 大 地


め く る め く



ビ に な り て


地 に


め く る め く


ふ ゆ


R O O T (S)




びせいぶつ


微 な る も の


チ を た が や し て


ふ ゆ


こ も る




「あい」へ


ビ ッ グ バ ン


で あ い の ふ し ぎ


は る の な み




「乞い」から


オ モ イ か ら


す き て す す き て


あ い に い く




cf. 「好きだから」


2017年11月25日 (土)

この国の良心


木 枯 ら し に


お ば ち ゃ ん 達 の


あ っ た か 手




日本の良心


か じ か む 手


お っ ち ゃ ん 達 の


完 璧 技




2017年11月16日 (木)

on your mark


奪  わ  れ  た


こ  と  ば  を


取  り  戻  し


み  ず  か  ら


解  き  放  て




@mark < PIE root merg- “boundary, border”

 markの語源に戻るなら「on your mark」という言葉は 「出」の字源とよく似た意味を持っていますね。

ジブリの映像がついた「On Your Mark」。いつまで公開されているか分かりませんが、とりあえず。


2017年11月14日 (火)

ホモ・フライ・エフェクト/Homo fly effect


重  力  の  海  の  な  か


一  人  の  ヒ  ト  の


羽  ば  た  き  は


宇  宙  に


ど  ん  な  作  用  を


及  ぼ  す  の  だ  ろ  う




@homo < PIE root sem-(1) “one; as one, together with”

 fly < PIE root pleu- “to flow”

 effect < ex- “out of, from”+PIE root dhe- “to set, put”


2017年11月12日 (日)

いつか どこかで


晴 れ 渡 っ た 夜 空 の 雲 は

蒼 い 海 の 風 の な か

ふ わ ふ わ

ぷ か り

生 滅 を 抱 い て


知 っ て て

知 ら な い


初 め て な の に

懐 か し い


蒼 の 旅 の ひ と す じ と し て




2017年11月11日 (土)

冬のはじまり


ジ ャ ー ジ 姿 に マ ス ク し て

サ ン ダ ル 素 足 で

自 転 車 漕 い で

き み は

ど こ へ

行 く の だ ろ


テ レ ビ セ ッ ト の よ う な 街

い の ち の カ ケ ラ を

探 し て る


革 ジ ャ ン に

ス ウ ェ ッ ト パ ン ツ

下 駄 を 裸 足 に つ っ か け て

ア ー ケ ー ド 街 を う ろ う ろ と

あ な た は

な に を

探 し て る


足 裏 に

確 か な 熱 を 感 じ る 場 所 へ

ま っ す ぐ 向 か っ て い る ん だ よ



2017年11月10日 (金)

夜景


闇  の  中


浮  か  ぶ  光  点


愛  し
[いとし/あいし/かなし]


ふ  ゆ




夕べ


あ  か  ね  さ  す


枯  れ  葉


香  ば  し


帰  り  道




2017年11月 9日 (木)

流転


行  き  交[か]  わ  る


ち  か  く  [地  殻 ・ 地  核 ・ 知  覚]  も  う  ご  く


落  葉  期




一献


暖  色  の


混  じ  り  ゆ  く  葉  の


粋  を


の  む




よろこび


小  春  雨


う  た  れ  て


細  胞


わ  ー  い、  ワ  イ  ッ  !




偶遇


誘  わ  れ  て


樹  に  あ  ま  や  ど  り


わ  す  れ  花




身土不二(2)


太  陽  系  の


第  3  惑  星


遠  く  離  れ  た


土  地  に  棲  む


細  菌


愛[いと]  し


ぶ  ど  う  酒


注  ぐ




身土不二


き  の  こ  汁


よ  ろ  こ  ぶ


我  が  身


進  化  の  妙




You don't miss your water.


ぶ る

ぶ る

ふ る え る

オ ー テ ィ ス/O t i s に


B l u e

B l u e

B l u e

B l u e

B l u e

の 水 が


海 と 空 と こ の 宇 宙

B l u e s み ず が

す み ず み へ




寂寥


早  日  暮  れ


遠  吠  え  の  子  ら


声  か  な  し




変態自在


ム  ク  ド  リ  の


軟  体


編  隊


空  を  駆[か]  く




2017年11月 8日 (水)

つぐ


つ  ぎ  つ  ぎ  と


途  切  れ  ぬ



ふ  ゆ  原  も




風はこぶ


雨  の  香  に


浮  か  ぶ  島  々


彼  方  [あ  ち]  春  か




あけがらす


雨  あ  が  り


枯  野  の  香  満  つ


ペ  ア  ガ  ラ  ス




うおごころ


神  は  こ  ぶ


海  人


ど  ん  な


未  来  [ゆ  め]  を  み  る





地  を  削  り


つ  く  る  う  つ  わ  に


何  を  も  る




Darkbird


ク  ロ  ツ  グ  ミ


み  ち  な  る  闇  を


飛  ん  で  い  く




Blackbird


ク  ロ  ツ  グ  ミ


ふ  ゆ


た  ち  て


み  ち


と  き


き  た  り




ふゆけしき


羽  ば  た  く  か


黒  き  コ  ゴ  ミ[屈]  の


枯  野  か  ら




Img_1408


あめのすすき


托  鉢  と


軍  用  機  の  音  の


一  つ  な  り


雨  に  ス  ス  キ  は


こ  う  べ  を  垂  れ  る




乱調


小  春  野  の


奏  で  を  破  る


托  鉢  や




2017年11月 7日 (火)

おもかげ


い  づ  こ  よ  り


沁  み  い  で  た  り  し



立  冬




すきま


白  熱  に


満  ち  る


時  空  の  割  れ  目






と  き  刻  む


音  と


息  の  音[ね]


響[ひ]  く  秋  夜




ふかく


深  く


不  覚


不  確



い  く




雨後く


ぬ  れ  落  ち  葉


凍  え  し  大  地  の


ぬ  く  も  り





秋  眠  の


ふ  か  く  潜  り  し


空  は  晴  る




夜長


か  ら  ま  り  を


ほ  ど  く


こ  の  身  に


あ  き  の  よ  る




2017年11月 6日 (月)

私の、みた(meta)世界面


もやん、

とした

アレやコレや

在所不明のモノ

たちを


あべこべ

ちぐはぐ

かえすがえす

あの手この手

てんでんばらばら

行ったり来たり

自分でも分かりかねる脈絡


そうしたいから

そうしないとすまないから

あるいは

ただなんとなく、

あらわして

みる


ことで、

アレやコレやモノ

たちが

あらわれている場

背景や土台 のようなもの

ソレらとの境やあわいのようなもの

もやん、

ゆらして

みる


のだけれど、

ゆれているのは

そうかんじている

私の

認知

だけなのかも

しれない


という、

メタメタ/meta- meta

メタクタ/meta- kuta

はなし




kuta・・・スウェーデンの方言「kuta」 =“to cut” “knife”


multi uni-(s)pace


一枚の

布を広げて

espacio


ひとつらなりの世界から

「I [あい]」の場を

立ち上げる


espacio

despacio

ゆっくり

ゆっくり

私のpace


区切ることで

spread

唯一無二のカイ[開、海、快、解、界、回…]がうまれる


いきやすやすく

ゆっくりと


I [あい]のpaceをつくるため

I [あい]のspace必要なのだ


uni-pace/ユニペース

uni-space/ユニスパス


世界における

I [あい]の細胞膜である

一枚の布は

すむ場の

始まりのかたち

存在のルーツ


それは

均質な宇宙に

重ねられた

一枚の膜


そして

そこでは何かが進行中




くぎる


一  枚  の


中  に  ひ  ろ  が  る


あ  ま  の  か  わ




2017年11月 4日 (土)

あゆみ あふ


水  満  ち  し


器  を  運  ぶ


ご  と  く  歩[あ]  む


こ  の  身  の  感  受


あ  ふ  る  る  よ  う  に




みみをすます


雨  音  か


風  吹  く  音  か


秋  の  夜




始歩


魂や

心や

意識

などと

とりあえず名付けてきた


ホモ属が

進化の途中に

あるとき手に入れた

新奇な情報システムを、

当初の驚嘆覚めやらぬまま

かえすがえす

ためつすがめつ

使いまわし

使いたおし

ているうちに

いつのまにか

使われまくっていた

ことの結果としての

現在


意識の王国は

筋膜の振動

細胞の伸縮

体の新成

によって

崩壊を迎え

微生物に分解されて

土にかえり

モノにかえり

イノチにかえり


分断された

ひとつらなりの

ことなりが

あいて

ゆれて

まぜこぜられて

閾値超え

あらたなバ[場、波、派、破]が

うまれ

ホモ・サピエンス・サピエンスは

数万年の眠りから覚め

ヒトとして

歩き始める




いのちの在り処


神が降臨する場所に

花は咲かない、

春になっても。


原罪の地に建つ国は

踏み固められて

硬い、

コンクリートみたいに。


そこでは

水も空気も流れない。

息も風も通らない。


恐怖に根ざした人々に

犠牲を美化する人々に

花は決して咲かない、

夏になっても。


いのちをおそれ

支配する場所に

花はぜったい育たない、

いつになっても。


地球が一つの村となった今、

嘆きは

壁となって立ちはだかるものではなく、

痛みは

体によって

いのちの水へと変容し

「あひ」や「しあわす」回路へ流れ出す。


いのちは

安堵のぬくもりと

見えない闇へと広がるつながりと信頼のなかで

世界を掘り起こしつつ

はな

ひらく。




cf. イェフダ・アミハイ『わたしたちが正しい場所』


« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »