« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

うた


凄  雲  に


陽  が  射  し


ヒ  ィ  ー  ヨ


ヒ  ヨ  ド  リ  や




ソラ


鳶  あ  が  る


凍  し  空  の


彼  方  ま  で




循環


山  茶  花  の


散  り  て


ゆ  っ  く  り


還  り  ゆ  く




2018年1月29日 (月)

眼下


登 り き て


麓 に 広 が る


冬 の 星




独歩


足 音 の


響 き が 伴 す


寒 の 夜




帰途


足 早 に


帰 る 人 へ


月 凍 つ る




通りすがりに


銭 湯 の


匂 い 残 し て


寒 の 暮 れ




2018年1月28日 (日)

舟を漕ぐ


コトバの舟を漕ぎましょう

何も見えない
闇のなか

気配すらも
消えている

なかを

コトバの舟でいきましょう

舟は
ゆらゆら
ふかふかと

余のなか
融[ゆ≒喩]のなか
空[くう]のなか

不安定に安定し

体のリズム
体の流れと
共振し

矯めつ眇めつ
適当に手を入れて
必要ならば
つくり変え

体をととのえ
コトバをととのえ

すみません
すませません

ときおり
であう
ほかの舟

たがいに
コトバを
かわしあい

ときには
漂うだけの舟

使えるものは
お借りして

さらば

どんぶらこ
どんぶらこ

おにのくにを
いきましょう




コトバ


た ち あ が り

つ つ

た ち あ げ る


た ち あ げ

つ つ

た ち あ が る


自 動 と 他 動 は

と け あ っ て


こ と な る 場


コ ト バ

ゆ ら ゆ ら と


生 ま れ

消 え

生 ま れ


生 滅 の あ い だ を

行 き つ 戻 り つ

ふ か ふ か と




自立


た  つ


に  は


と  き



い  る




潜ったままで


心 を 深 く 底 に 潜[ひた] し つ つ


表 に 出 づ る




@松尾芭蕉の言葉 「高く心を悟りて俗に帰るべし」


生流


氷  点  下


太  陽  に  と  け


流  れ  出  す




2018年1月26日 (金)

咳き込みて and/or プロセス


臍 緒[へそ] 切 ら れ


空 気 に 溺 れ る


冬 の 幻




syn sym(3)


小 宇 宙


身 よ り 出 で た り


朝 雪 隠




たけ(2)


雪  か  ら


青  竹


伸  び  る


白  雲  ま  で




そして、パレスチナを思う


冬 の 食 卓 に


ワ イ ン と 手 榴 弾




冬景色(2)


雪 の 原

あ ま て ら す か な

星 が 降 る



臍 の 栓

と け て

ぬ く も る

寒 の 内



凍[こ] る 雨 戸

あ け て

ひ ろ び ろ

大 宇 宙



青 空 が

丹 沢 の 雪

連 れ て く る




2018年1月25日 (木)

適当


支えなければ


動きすぎて根が付かず


さりとて 支えのゆえに


動けなくて雪に折れ


「適当」は なかなか なかなか




創・層


「0」 と 「1」 の 不 思 議


種 は 冬 土[ふゆ] の な か




鎮紙


煤 払 い


猫 か 虎 か の


あ ら わ れ て




こぼれ よる


実 が こ ぼ れ


星 が こ ぼ れ て


夜 凍 る




生月[うむつき/しょうがつ]


こ と な る 「1」 の 月、


松 飾 り を 捨 つ




あらわ


こ を る


こ を る


ほ ど け


こ を る


キ ミ の 室




穿つ


風 の 音


掘 り す す む


雪 下 の 地 層




2018年1月24日 (水)

冬景色


忘 ら れ し マ フ ラ ー


ま る ま る


陽 だ ま り




冬朝


雪 の う へ


す べ る


朝 陽 と


鳥 の 鳴[ね] と




らく


さ ば さ ば と


と け て


は な た る



て ま り




ヒとフとミと


笊 に 泡 つ 冬 花


桃 色 の 午 睡





木 枯 ら し の 子 守 唄 に


ね む る


ね む る




彼我


雪 中 花


我 に な き 祖 の D N A




幻、現、源…


寒 ざ ら し


へ そ の 緒 い た む


土 の 中




はらのくだりて


さ む か ろ う


さ む か ろ う


痛 む 腹  み る


雪 の 庭




なまなま


雪 に 折 れ し 枝


む き だ し の


肌 い ろ




行交


雪 を 掻 く


道 が ま じ わ る


鳶 が 舞 う




ゆう(3)


陽 の た ま り


ゆ ら り ゆ ら


冬 土 は 萌 え て




ゆう(2)


樋 あ ふ る る 雪 水


青 空 に 注 ぐ




ゆう


雪 と け て


は ね て


流 れ て


飛 沫 く 風




syn sym(2)


凍 て 風 に


ギ ィ ゆ ん


ヒ ヨ ド リ


骨 う ご く




冬の午後


ス ト ー ブ の


火 の 機 嫌 う か が っ て


お 茶




雪降りて


雪 折 れ の


桃 色 の 花


白 餅 食 ら う




2018年1月22日 (月)

予感


木 や 土 や 岩 と 化 す



春 萌 [き ざ] す




ローズティー


薔 薇 蕾 [ダ マ ス ケ ナ]


ひ ら い て


口 は


夏 の 園




syn sym


烏 羽 を


滑 る


牡 丹 の 雪 化 粧




へんげ


ほ ろ ほ ろ と


雪 は こ ぼ れ て


花 の 赤




ゆき


初 雪 に


草 木 も 家 も 身 も


き し み




ふゆ


草 を 食 む


牛 の 乳 食 む


雪 の 朝




初雪



こ も る 繭 に


異 界 の 窓


ひ と つ




循環


と し め ぐ る


星 の 爆 発


微 生 物




しんかい(syn界/深開/森海)


森  の  な  か


枯  れ  枝


珊  瑚


海  の  な  か




かんちゅう


満 つ る 月


乳 白 染 み 入 る


寒 の 肌




2018年1月21日 (日)

しものあさ


夜 と け て


大 地 は 温 む


地 球 [ほし] は 冬




はだいろ ももいろ


大 寒 に


上 気 す る 頬


弥 生 土 器




2018年1月16日 (火)

寒ざらし


陽  光  に


白  き  骨  乾  す


冬  木  立




霜月晦日


小  春  日  に


ト  ビ


泰  然  と


青  お  よ  ぐ




歩いていると


蠟  梅  香


あ  や  し


か  ぐ  わ  し


狼  狽  す




不視


枯 れ 葉


な り


姿 な き 音 の


は ず み ゆ く




2018年1月11日 (木)


山 茶 花 に


飛 び 込 む


鳥 へ


陽 の そ そ ぐ




2018年1月10日 (水)

解除/再編成


「痛 み」 と 「お そ れ」 は 別 の も の


結 ば れ た


い に し え の 紐 を


と く キ セ ツ




共進


非 知 で あ る


こ と に


安 堵 し


知 が い き る




進化/おそれを超えて


宇 宙 の 歴 史


意 識 は


生 命[いのち] に 安 堵 し て



安 堵 し た カ ラ ダ は


固 定/個 底 し も の を


と か し ゆ く




2018年1月 4日 (木)

潜象3


影  の  み  が


捉  え  る


ゆ  ら  ぎ


と  し


あ  ら  た




« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »