« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月22日 (木)

ニエリ・ヒル AA


た わ わ

た わ わ

ミ モ ザ の 黄 色

ほ の か な 茜 の

空 に 揺 れ


た わ わ

た わ わ

花 咲 く 黄 色

山 の 芽 吹 き の

風 と な り


た わ わ

た わ わ

あ ふ れ る 黄 色

赤 き 大 地 に

流 れ た る


パ ン パ

サ バ ン ナ

黄 緑 色 の 波 そ よ ぐ

蒼 き 海 を 泳 ぐ 魚[うを]

真 珠 の 雨 が

降 り 注 ぎ

輝 く 雪 と な り ま し た


花 は 確 か に 咲 く で し ょ う

花 は い ま も 咲 く で し ょ う


森 か ら 出 で し

鹿 の 子 は

春 の 香 り に

満 た さ れ て

熟 し た 果 実 を

食 み し と き


細 め た 眼[まなこ] に

広 が る は

碧 き 地 球 の 夢 た ら む




2018年2月17日 (土)

うむ


う  め  の  は  な


咲  く


咲  く


サ  ク  ラ


あ  か  と  し  ろ




サクラ


深  く


い  き


回  路


つ  ぎ  つ  ぎ


サ  ク  ラ  [咲坐/作坐/サ坐]  か  な




旧暦元旦


ひ  ら  き  た  る


肋  骨




春  の  風




2018年2月13日 (火)

wedding


ト ラ ン ペ ッ ト の

ビ ロ ー ド の 音 色 が

包 ん で い く


そ ぅ  っ   と

そ っ   と


世 界 が ゆ れ て

ほ ど け て い く


そ ぅ  っ   と

そ っ   と


*



2018年2月11日 (日)

如し


少女がエプロンに包んだ太陽の

匂ひは

ポー川の流れとなって

Aの音を響かせる


ららららら

ラララララ


AAAAA

あああああ


ひらいた

ことばが

はじまっていく




黒耀


深い穴のどん詰まり

小さなオブシディアンの粒ひかる


ゆっくりと

揺さぶられ

とけてゆく

松煙の墨


しづかで

激しい

流れは

やがて

二極をつらぬき


黒耀の風が吹き抜ける




天地人 fixin 2014


北の森の奥の奥

柔らかな苔の絨毯が広がるその場所は

水分をたっぷり含んだ空気で

ひんやりとしている


蒼い

青い

薫り


ブナの森の木漏れ日が

霧雨のように

囲われた時空を濡らし

一頭の鷹の羽音が

樹冠の上を波立たせる


澄み切った冬の星空

漆黒の底から透明な水がしみ出し

潤された星の輝きは

ガラス質の響きを奏でながら

あちらこちらで火花を咲かせ

天から降り注ぐ水晶の流れとなって

青々とした草原に溶けていく


草原をわたる春風

大地はゆりかごの中でまどろんでいる


甘い蜜の香りが

柔らかく一面を満たす


この香りはいったい何処から?


姿なき芳香の主は

きっと

この膝丈ほどある草の下

あぁ

果たして

秘めやかな花園が広がっている


草原に注ぐ陽は夏の熱を帯び

土の中の生き物たちに呼びかけ鼓舞する


のびやかに広がる 蜜の香りの世界

芳香の気泡の細胞膜に包まれた私は

風に乗って

実りの空をかけていく




2018年2月 9日 (金)

潜と巛と遷と線


ほふぉ ほふぉ ほふぉ ほふぉ

風を切る

翼あるもの

ほふぉ ほふぉ ほふぉ

空を巡回

おとつれて


きゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅ、

きゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅ


ヨタカは

滑る

薄氷の上


森の奥の奥にある

その湖は

地面の奥の奥底で

あの海へと流れ込む


櫂を持て

舟を出せ


いにしえの大樹は

その身を浜辺に横たえて

ずっと ずっと

帆が揚がるのを待っている


から


帆は孕み

舟は行く


海を漕げ

海を耕せ

マグマの中まで泳ぐのだ


頭上には

翼あるものと星々が


宇宙の渚へ

打ち寄せる風を

今日も聴きながら




紅茶


ウイグルで育った

ダマスカスの薔薇の蕾は

日本の岩石に濾過される水で淹れられた

ケニアの紅茶の海の中に

花ひらく


薔薇と茶葉が育った土には

どんな微生物の世界が広がっていたのだろう


薔薇と茶葉を

つみとった人やモノ

加工した人やモノ

運んだ人やモノ

のまわりには

どんな微生物たちが生きていたのだろう


風は?

木は?

石は?

水は?

熱は?

他の生き物たちは?


風は地球上の砂塵を一日でかき混ぜ

マグマは万年単位で地球の奥深いところをかき混ぜ

空は毎日 宇宙からの塵を降り注ぐ


見えるものと見えないものが

渾然一体

織り成すなか

私たちは個々に独自の根を張り巡らせて

唯一無二の存在になっていく


地球規模の身土不二


混ぜ合わさって

組み合わさって


世界に作用され

世界へ作用し


動き続け

変わり続け


互いに応援し合いながら

常に揺らぎ

あらゆるものは

その存在自身と多様さによって

宇宙を揺らし続けている


宇宙進化の 最先端




自灯明


ミ  モ  ザ  抱  き


歩  く  如  月


夜  参  道





冬  の  陰


浮  か  ぶ  陽  だ  ま  り


足  浸  し




2018年2月 4日 (日)

瀑布


半  跏  思  惟  の


水  流  れ


森  は  あ  き




鎮紙(2)


つ  や  や  か  な


石  に


も  ぐ  り  て


春  風  の




はる


雪  を  割  り


空  を  見  上  げ  て


立  春




溶解


風  呂  洗  う


湯  気  が


溶  け  た  り


雪  景  色




白浮


よ  が  あ  け  て


雪  が


浮  か  べ  し


木  々  の  骨




2018年2月 1日 (木)

うみ


寂  し  さ  や


さ  ぶ  ん



海  に  潜  る


ふ  ゆ




鶏始乳


如  月  の


風  に  ゆ  ら  れ  て


蕾  か  な




@「如月」という表記。いくつかのサイトに、“紀元前二世紀頃の中国の辞書『爾雅(じが)』の中の「二月は如と為す」という記述に由来する。「如」とはもともと「従う」の意で、「ひとつが動き出すと次々に従って動き出す。その動き出す状態」。自然や草木、動物など、すべてが春に向かって動き出す月、ゆえに「如」の文字を当てた”、というような説明があります。


皆既月蝕


自  分  の  影  を


月  に  み  る


睦  月  蝕



Img_7640_2


« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »