« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

ゆむ コトバ


ま が た ま

ひ す い

そ そ が れ し

た に


ペ ル シ ア の

波 の 砂

さ ん ざ め く

鳥 と な る


古 [ふ る] 月 を 知 る も の の

あ し

あ と

ひ ら け ば


あ づ ま 弓

響 き わ た り

瓏 琅 た る ゆ め を お う


水 色 の

し ん り ょ く に

染 ま り


嗚 呼

こ と ば を 知 る や


嗚 呼

こ と ば を 生 む や




くる くる


く る  く る

く る

く る

風 ぐ る ま


夏 の ま つ り は

さ ぶ し か ろ


密 林 の 闇 か ら

匂 い 立 つ

お と に

耳 を す ま す


狐 の お 面 の 女 性 [ひ と] が

い く


森 に 隠 し た

大 き な し っ ぽ

ふ さ ふ さ

ゆ ら ゆ ら

ス ス キ の 穂 か げ


ヒ マ ラ ヤ さ く ら が

咲 く 頃 に

カ ゴ メ の 鳥 は

歌 い 出 す




ムバンガ ナチュラル


は な の お く か ら

乳 [に ゅ う] の よ う な

蜜 の よ う な

と ろ り と し た

香 り が

空 を

開 い て ゆ く


さ さ 音 の

爽 風 は

大 気 を 梳 か す


さ さ や き か

ざ わ め き か

と ど ろ き か


東 風 が 運 ぶ も の


谷 神 の

湧 く 水 の

き ら め き は

香 り 立 ち


こ ぽ こ ぽ と

あ わ た つ

通 り 道 と な る


褐 色 の 大 河

泥 か ら 生 ま れ た

黄 緑 た ち


開 け 放 た れ た

門 は

果 た し て

朽 ち


舎 利 が

あ ら わ れ る

水 辺 は

ゆ ら め き 続 け

水 底 か ら

小 石 を

ひ と り

拾 い あ げ る


さ よ う な ら

み ち


す ん で

す ま ず


体 が

と こ ろ さ す

み ち




2018年5月27日 (日)

初夏の朝


雨 戸 か ら


ぽ た り


雫 の


ヤ モ リ か な




ウグイスのつなわたり


今朝

雨で傾いだ花を立てていたら

すぐ近くで ウグイスが鳴いた


たぶん

隣の ティーツリーの中


緑の空気を思いっきり吸って

家に入ったら

もっと近くで ウグイスが鳴いた


声を見上げると

庭の杏の 枝が届くか届かないか

の電線に

小さな一羽


警戒心が強くて 姿は見せない

と聞くのに

こんなに堂々と こんなに丸見えは

めずらしい

んじゃないかな、

なんて思いながら ガラス窓に張り付いて見つめている間も

ウグイスは 美声を披露し続ける


(後でネットで調べたところ 「電線上の丸見えウグイス」はそう珍しくもないみたい)


一番下の電線で たっぷりな前奏の後に「ホーホケキョ」

一つ上の電線に移って 同じく「ホーホケキョ」

も一つ上に移って やっぱり「ホーホケキョ」

お次は 90度旋回して 向かいの電線で「ホーホケキョ」


ひとしきり独唱を披露して

いつの間にか

去っていた


前奏がどんなだったのか

あんまり覚えてないんだけれど、

威嚇の「ケキョ、ケキョ、ケキョ」だったとしたら

数年前からこの辺りに出没中の

香港人や華僑にその美声が愛されるガビチョウへの

警告か


昨日の夕方

目に白い隈取りが一羽

庭の窓際を ぴょんぴょん跳ねていたからね


海を越えて持ち込まれ

放たれたペットは

「特定外来生物」

「日本の侵略的外来種ワースト100」の

害鳥と化した


私としては

ウグイスよ

まわりと調和していて

品のある

君の声の方が ずっとずっと気に入りだ


あるいは

まさか

私への威嚇じゃあるまいね


そういえば

昨夕は

ゲラの木つつき音が 久しぶりに聞こえていたな


いやいや

あの前奏はホトトギス、

ホトトギスとウグイスの

掛け合いだったかも


卵を託すものと

託されるもの、

何か伝え合ってたか


いやいやいや

やっぱりあれは

ウグイスの独唱だ

った

ような

気がする

けれど、

記憶はおぼろ

もう よく わからなくなってきた


時は春

こちらは

あちらこちらで

ウグイスの声


しばらくしたら

ツツピー ツツピー

一羽の

シジュウカラかな、

杏の枝の一番近くの電線で

透き通った声を響かせた




@5/24(木)


2018年5月24日 (木)

ホベルト・ペレイラ ナチュラル/薫風


初 夏 の 風 に

か ら だ が

あ ら わ れ る

木 陰 の ベ ン チ で

仰 向 け ば

透 き 通 っ た

緑 影 の 明 滅


粉 砂 糖 を ま ぶ し た よ う な

白 い 葉 は

ビ ロ ー ド の 手 触 り


小 鳥 が つ い ば む

ク ス ノ キ の 花


く す く す

く す く す


カ ラ ダ に 注 が れ る


あ ま く

し あ わ せ な




2018年5月21日 (月)

蚕起食桑


と き は

き た


ミ ツ バ チ が 紡 い だ 夢


秘 め し 辰 砂 が

染 め あ げ る




ウィルフォード ゲイシャ ウォッシュト エル・ブーロ


は じ け る

う ま れ る


あ わ

あ わ

あ わ せ


巻 き 貝 の 乳 [にゅう]

波 打 ち 際 で

あ わ ら れ る


透 き 通 っ た

薄 ら 氷 の

ド ラ ゴ ン ・ フ ラ イ

羽 は

遠 い

蒼 の ゆ め


膠 の 編 み 目


瞑 想 の 海


も ぐ る

ぐ る

ぐ る

く る

く る

異 世 界


群 青 は や が て

漆 黒 と な り

底 の 砂 か ら

ひ と つ

小 石 を

す く う


ダ イ ヤ モ ン ド の よ う に

堅 牢 で

繭 の よ う に

し な や か で

新 芽 の よ う に

み ず み ず し く


渇 い た 大 地 に

注 が れ た




サの月 うづき


ぐ ん ぐ ん

ぐ ん ぐ ん

綿 毛 が 進 む


び ゅ ん び ゅ ん

び ゅ ん び ゅ ん

緑 の 風 に


キ ラ キ ラ

ギ ラ ギ ラ

深 い 影


路 傍 の 石 は

輝 い て


ラ イ ラ ッ ク の 紫 香 に

満 た さ れ る


青 葉 に 休 む 雀 た ち

潜 水 滑 降

草 間 に 遊 び


飛 行 機 雲 は

描 く


花 の 皐 月 は

ど こ も か し こ も

濃 い

い の ち




2018年5月20日 (日)

あく/A-KU


山 紫 陽 花 [ア ジ サ イ] に


雨 戸 を 開 け る


鼻 の 奥




2018年5月19日 (土)

ステファン・ガチェンゲ AA 深煎り


蜜 が 流 れ る

G o l d e n R i v e r


白 き 小 花 の 群


モ ン シ ロ チ ョ ウ は

川 面 を 泳 ぐ


山 吹 色 の 木 の 実 が

た わ わ

た わ わ

風 に な る


B l u e M o u n t a i n

雪 を い た だ く

白 峰 の

碧 い 影


ど こ に い る の か


は ろ け き 平 線 よ り

あ ら わ れ る

草 原 の 馬

流 れ る た て が み は

海 の し ぶ き


S a n d B e i g e の

砂 あ ら し


ま わ り つ づ け て

う ご き つ づ け て

ひ と と こ ろ に

と ど ま り は し な い


星 は 散 り

粒 は 集 ま り 離 れ

こ と な る も の が

世 界 を う み つ づ け る


旅 人 の 脚 は

と き に 休 み な が ら

進 み つ づ け る


ま だ 見 ぬ と こ ろ へ


あ う

た め に


し あ わ せ

な が ら


行 け る と こ ろ ま で

ど こ ま で も

目 指 し て


や が て

脚 が と ま る と き

こ の 世 界 に

志 だ け を 託 し て




2018年5月13日 (日)

へラミアス・ラッソ ゲイシャ


レ モ ン イ エ ロ ー の

蝋 の 花 弁 が

天 空 へ


吹 き 上 げ ら れ て

吸 い 上 げ ら れ て

舞 い な が ら

渦 と な る


碧 に 穿 た れ た

虚 空


戸 は 鳴 り 響 き

大 地 は 湧 き た ち

時 空 は

粗 い 粒 子 で 満 た さ れ る


風 が 吹 く


あ ら い ざ ら い


海 は す べ る


ひ ろ び ろ く


蛙 の

広 げ ら れ た

柔 ら か な 吸 盤 が

ひ た  ひ た  と

ペ タ  ペ タ  と

し づ  し づ  と

地 球 を 描 く


球 体 の

ひ と つ ぶ


宇 宙 に 浮 か ん で




*シャクヤク「楊貴妃」の花を庭に眺めつつ


2018年5月 4日 (金)

きざす


待 っ て い た

風 が 吹 く


ま だ

誰 も

そ れ と

気 づ か ぬ よ う


で も

確 か な

と き め き は

そ れ ぞ れ の

身 に つ け て


世 界 の 毛 穴 は

大 き く 広 が り

宇 宙 に 触 れ る

表 面 積 は

の び の び と


ま く が あ く


風 が 吹 く


そ し て

ま も な く

あ ら わ れ る




Zephyros


あ わ だ ち て

と か さ れ て


d o w n s i d e  u p


東 に 向 か う




Eurus[エウロス]からZephyros[ゼピュロス]へ


り ん り ん り ん

光 の 粒 が

風 に の っ て


び ゅ ん び ゅ ん び ゅ ん

時 空 の 網 目

あ ち ら こ ち ら に

ト ビ ラ を 開 け て


西 風 に 向 か う

東 風




そうじき


毎 日

毎 朝

オ レ ン ジ 色 が

上 か ら

下 か ら

横 か ら

ど こ か ら

湧 き 上 が る

ホ コ リ を

ぐ ん ぐ ん

吸 っ て い ま す


窓 か ら

空 か ら

君 や 僕 か ら

こ ぼ れ て る

い ろ ん な

カ ケ ラ を

吸 う の で す


昨 日 の カ ケ ラ

昔 の カ ケ ラ

さ っ き の ホ コ リ

お ち て た ホ コ リ

オ レ ン ジ 色 の

か わ い い ヤ ツ が

い ま の

い ま わ を

吸 い 込 ん で


毎 日

毎 朝

夕 焼 け み た い な

朝 焼 け み た い な

オ レ ン ジ 色 が

い つ も

い つ で も

ど こ か で

ど こ で も

待 っ て い て

世 界 の カ ケ ラ を

今 日 も

明 日 も


毎 日

毎 朝

オ レ ン ジ 色 が

う ぁ ん う ぉ ん

う な る

未 来 の 場 所 に


*



« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »