« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

ケ・あら・し[気現風]


け あ ら し


青 き 空 面 を 流 れ


僕 は


葦 舟 を 漕 い で


地 球 を め ぐ る




彼は何や[カワカヤ]


ウルトラマリン

あえかなり


うみをわたる

はるかなり


糸を紡ぐ

女たち


衣はひろがる

かはたれ

とき




群青


洞穴から顔を出し

眼を細めて

ちょっと

顔をしかめて


遠い島の檸檬の香りが混じる

風が

鼻腔や肋骨や肺や横隔膜や骨盤を孕ませ

からだじゅう

みちていく


脱ぎ捨てられた胞衣は

穴から吹き上がり

天空を舞う


さようなら

うたを

聴いた


ホモ・ネアンデルターレンシスから

託された夢


宇宙の群青が

目にしみる




風にとけてゆく


薄い白いガーゼのような

胞衣[えな]が流れていくよ


天女の羽衣は

衣張山の頂の樹冠にたなびいている


キツネやタヌキや

オオカミや

アリやコオロギ

てふてふも


たなびく草の

火影から


裸足の子どもが

駆け抜けて

大きな岩山

跳び越えて

磨崖仏は

大鷲に


君はどこにいるのだろう


怒涛の風が吹いている




2018年6月25日 (月)

夏の庭


深 緑 の 梢


空 に 孕 ま れ て





なごり/波残り


枯 れ 枝 に


コ ト バ が 留 ま る


夏 越 し か な




jamais vu


トーストしたパンに

バターを塗ったら

ふと

目が庭へ


緑に照る光と

奥行きを広げつつある陰


もりもり

盛り上がる


もわもわ

湧き上がる


ジャメヴ


今日は昨日の延長ではない

ことを

知った


宇宙は

はじまりを

間延びさせているわけじゃない




奉壊


石垣を洗う

木影の水紋


ゴミ置場の片隅の

ダンボールの社[やしろ]

居間から漏れ出す

ざらついた

テレビの音が

奉納のお囃子


夏の午睡の陽の下は

コンクリートに爆ぜる足音が

しのぶように

行き交って


言葉を惜しむ人びとは

顔をしかめて

身をぶつけ合う


起きているのか

眠っているのか


蜃気楼のような

気配がとけあう


腐敗するのか

発酵するのか

それとも…


trans-form




2018年6月23日 (土)

カタカタ ガタガタ


「 写 真 」 を 撮 っ た 写 真

「 踊 り 」 を お ど る 踊 り

「 歌 」 を う た う 歌

「 小 説 」 を 書 い た 小 説


ど れ も

こ れ も

物 足 り な い


道 や

伝 統

蓄 積

知 識

カ タ や

権 威

い ろ い ろ あ れ ど


ど れ も

こ れ も

し っ く り こ な い


か た

か た

が た

が た

動 き だ す


か た

か た

が た

が た


g o t

g o t

g o t t e n




慈雨


山茶花の葉叢へ

流れ星みたいに

滑り込む


雨が

降りはじめた


水をいただき

磨る

墨の香




風を呼ぶ歌をうたえ


自分の尻尾を追い回す犬

ウロボロス

コンセプトに

こんがらがって

酔いしれる自慰のコトバに

身はぐるぐる締めつけられて


幾重にも

焚き込められた

誤魔化しの香


腐乱する臭いは

雅な芳しへと

大化けする


彼の国の都

移植されたその街も

狂乱の

ウロボロス


窪に溜まった空気は

淀み

折り重なった膠の

ブラックホール


海へ導く川も

干上がってしまった


望まないものを

望んでいると

思い込むことで

生きながらえてきた


気づかないふりの

意図した

緩慢な自殺


苦しむことを美徳とする人びとは

みな

その都を目指すのだ


カタにはまったコトバは

身を離れて

宙に浮き

いまや

漂うことすらできなくて

怯えた子どものように

息もできず

張り付いたまま


何をやっているのか

何を求めているのかすら

わからなくなってしまった


がん

がん

がん


底からかき混ぜる風を呼べ


あらわれを引っ剥がし

おおもとを解き放て




2018年6月22日 (金)

50lbs. ECP ファン・ラモン ゲイシャ ブラックハニー エル・ベネフィシオ


地中深くに根を下ろす

杖の最先端

溢れる滴は

微細なクリスタルの粒


底流が動きだす


まるまる小石は

転がりはじめ

天と地は呼応する


呼吸する


いきをする


天の川のちいさなカケラを

手のひらにのせ

膨張する宇宙の始まりと

よせてはかえす

引きあう

なかで


ソとミツ

ソはミツ

ソ ミツ

そっとみつめて


ゆれながら

かわりながら

かかわりながら


いきは

ながれる


わたしたちは

うみの只中で


いきをする


ほら

闇のあたたかさが

手を引いてゆくよ


まるまるこどもは

宇宙大の伸びをする


まと

まど


虚空に向かって

まどをたたく


まど

まと


間戸

間門

間土


虚空の呼吸


トはあいている

モンはあいている


あわいをわたるもの

あわいをわたりいく


宇宙と引きあい

はずみながら




2018年6月21日 (木)

夏至のヒ


夏 至 の 夕 陽 の 沈 む と こ ろ


a l - s h a l a n


錫 の 盃


照 ら さ れ て




2018年6月20日 (水)

夏に至る


雨 音 の シ ャ ワ ー


び し ょ 濡 れ に な り


夏 至




2018年6月18日 (月)

あいのコトバ


凸 凹

U N  P O C O


ポ コ ポ コ

あ わ  す


あ わ

あ わ

O U R

O U R


し あ わ す

で あ い


あ い

あ い

あ う

あ う


あ う ん の

呼 吸




ムバンガ フーリーウォッシュト Lot#1335


虹 に は

い く つ 色 が あ る ?


地 平 線 の

草 は ら は

夕 陽 と

朝 陽 に

向 か う 道


も ふ も ふ

羽 を 膨 ら ま せ

白 フ ク ロ ウ は

梢 で 眠 る


飛 行 機 雲 の

虹 こ え て

あ な た と 出 会 う 旅 の 空




2018年6月16日 (土)

ゆ・り ゆるる


巻 き 貝 の

月 あ か り

繭 色 の ト ン ネ ル を

す す む


大 理 石 の 石 棺 は

変 わ ら ず

真 新 し い

輝 き を 放 ち 続 け


世 界 に 満 ち た 水 が

滴 の か た ち を む す ん で は

し た

た る


白 き 百 合 の 花 は

ゆ っ く り と

た し か に

茜 を 増 し


も え る ヒ の

ゆ ら め き と な り

こ の ミ へ

流 れ 込 む


S O N A R

S O N A R


闇 を 聴 け


S O N A R

S O N A R


仄 か な

激 流 を




2018年6月13日 (水)

せつ せつ と


ゴ ン ド ワ ナ の チ

鷹 の 舞 う 空

緑 碧 の 底 か ら

懐 か し い 声 が 聴 こ え る


帰 り た い わ け じ ゃ な い

あ い た い わ け じ ゃ な い

た だ

胸 い っ ぱ い に 広 が る

た く さ ん の も の


さ よ う な ら  ば


せ つ

せ つ


さ き つ づ け る

旅 を い く




2018年6月12日 (火)

梅雨はれ


ひ と つ が あ つ ま り

ひ と つ に な っ て

そ れ ら が あ つ ま り

お お き な ひ と つ

さ ら に あ つ ま り


あ か

も も

し ろ

あ お

む ら さ き

そ ら

い ろ

い ろ

う つ ろ い


紫 陽 花

風 に 笑 っ て る




水月の雨


B l u e s に


濡 れ


香 り た つ


ク チ ナ シ の 花




2018年6月 1日 (金)

水月初


紫  陽  花  の


庇  く  ぐ  り  し


囀  [て  ん]


そ  そ  ぐ




サ月末


あ  わ  た  つ


R  O  S  E  に  し  む



晦  日  の  夕




« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »