« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月29日 (日)

蝉の朝


台 風 が 通 り 過 ぎ た

夏 の 朝

網 戸 に

一 匹 の 蝉 が 鳴 く


こ ゑ の 泉 が

こ ん こ ん と

湧 き 出 し て

時 空 は

吹 き ガ ラ ス の よ う に

と け て

ゆ ら め き

波 紋 は

広 が る

青 空 の 底 ま で

か き 混 ぜ る


僕 は

言 葉 を 探 す の を

あ き ら め て

く っ き り と

曖 昧 な

境 界 の

泉 と な っ た




可人[かじん/ケレン]


綴 じ 代 を

め り め り

ひ ら い て ゆ く


糊 代 も

ふ か ぶ か

あ け て ゆ く


あ ら わ に な っ た

空 虚 か ら

あ ら た な 実 が

あ ら わ れ て


ひ ろ が る

チ チ

ハ ハ


む げ ん の

境 地




@「可人」を中国語読みすると ケレン。
 keren/קרןはヘブライ語で「角」や「輝く」「栄光」の意味。
 こちらのサイトによれば、立派な角は光線に見えることから、「輝き」や「栄光」の意味が派生したとのこと。
 この言葉は 知人の奥方の名前なのですが、彼は「太陽」の意と教えてくれました。


2018年7月28日 (土)

syn-わ


ま あ る い

ひ ま わ り 色 の

月 が の ぼ る と

ヒ ク イ ナ は

さ み し い

戸 を 叩 く


は る か 彼 方 へ

ひ び か せ て


夏 に 遊 ぶ

子 ど も た ち は

「 も う い い よ ♪ 」

は じ け る

戸 を 叩 く


杳 [よ う] た る 深 み へ

届 く ま で


カ イ ツ ブ リ は

や っ と こ

波 面 [な み も] を 開 い て

顔 を 出 し

ひ と 息 つ く と

み な そ こ の 泥 を

ひ と 握 り

蒼 い 夜 空 に

投 げ 上 げ る




typhoon


風 が 呼 ぶ


今 年

地 面 を 突 き 上 げ

頭 を 高 く 空 に 突 き 出 し た

一 本 の 竹 は

人 参 の 葉 っ ぱ み た い に

み ず み ず し い

た わ わ な 黄 緑 を

ふ わ ふ わ

ふ さ ふ さ

気 持 ち よ く

ゆ ら し て い る


風 が 聴 こ え る


虫 た ち の 地 鳴 り は

鳥 た ち の 子 守 唄

影 は き ら き ら

輝 い て

潮 は ド キ ド キ

と き め い て

縄 を め ぐ ら す

ウ グ イ ス は

「 で き る、 で き る 」

と 鳴 い て い る


風 が あ ら わ る


さ ら さ ら と し た

肌 ざ わ り

世 界 が

圧 倒 的 な

多 層 と な っ て

迫 っ て く る




2018年7月25日 (水)

それは続いてゆく


止 め て は い け な い よ

そ れ は

動 い て い る も の だ か ら


立 ち 止 ま っ た と し て も

ず っ と 動 き 続 け て い る か ら


同 じ に 見 え て も

変 わ っ て い る よ


み ん な

み ん な

変 わ っ て い く よ


波 の よ う に

風 の よ う に


変 わ る

よ ろ こ び

変 わ れ る

希 望


い き

い る

か ら




あと から


墨 あ と の

流 れ

か ら

い く つ も の 線 が

う ま れ

線 か ら

い く つ も の 点 が

う ま れ る


コ ン マ や ピ リ オ ド

句 点 や 読 点

節 々 の し め 飾 り


集 ま っ て は

散 り

囲 っ て は

解 き


寄 せ て は 返 す

風 紋 の

面 影




羽ばたき


海 を 越 え

丘 を 越 え

羽 を 広 げ て

や っ て き た


バ オ バ ブ の

ぷ っ く り し た

幹 か ら

し た た る

ガ ジ ュ マ ル の 気 根


思 い っ き り 伸 ば し た 手 で

空 を 支 え

な み だ の 実 を 降 ら せ

伸 び や か に 広 が る 衣 は

心 地 よ く

た な び い て


玉 が は じ け る

音 が す る


羽 ば た く 鳥 は

ま た ひ と つ

風 を 生 み

あ ら た な

風 を 呼 ぶ




2018年7月24日 (火)

ゆうすい


湧 き 出 し た 水 が

い く 筋 も の

流 れ と な っ て

大 地 を あ ら い

や が て

深 大 な 滝 と な る


研 ぎ 澄 ま さ れ た

羽 衣 は

岩 を 磨 き

岩 を 穿 ち


ゴ ウ ゴ ウ と

地 球 は 轟 く


マ ー ブ ル の 小 石 の よ う な

卵 は

世 界 に あ た た め ら れ て


ジ リ ジ リ

ひ び が

ミ リ ミ リ

さ け る




いき


あ  つ  き


振  動


す  み  ず  み


吐  き  切  る





2018年7月21日 (土)

いづみ


臍 か ら

吹 き 上 が る

あ わ

あ わ

あ わ


水 晶 の よ う な

シ ャ ボ ン の よ う な

た ま

た ま

た ま


宙 に

飛 ん で

弾 け て

消 え て


大 地 は

流 れ る

夏 雲 の 影




碧曉


氷 壁 が

海 の 群 青 へ

崩 れ お ち る


地 か ら 湧 く 雪

の ご と き 氷 片 は

天 を 衝 き

は ら は ら

ふ わ ふ わ

舞 う

ひ な 鳥 の 羽 毛


カ サ サ ギ の 橋 を わ た る

か は た れ や




2018年7月19日 (木)

syn-



水  拭  け  ば


身  も


拭  わ  れ


夏  風  [か  し]




カイ(開、etc...)


晴 れ よ り も

曇 り が う れ し い

夏 の 日 は

虫 の 声 に

ゆ ら ゆ ら

ゆ ら れ

宇 宙 の 夢 を 見 る で し ょ う


草 の 香 り が

つ つ む の は

み た こ と も な い

こ こ ろ で す


気 づ け ば

道 が あ ら わ れ て

こ っ ち

こ っ ち

よ ぶ の で す


ジ ャ メ ヴ と

デ ジ ャ ヴ が

ま じ り あ う

虚 実 皮 膜 の

う み の な か


ど ん ぶ ら

ど ん ぶ ら

流 さ れ て

や が て

浮 き 浮 き

泳 ぎ だ す




からだ


ま る ま る

か ら だ

ま る め て

は ず む


の び の び

か ら だ

の ば し て

ひ ら く


ふ く ふ く

い き は

ふ か ふ か

と お く


あ ち こ ち

う ご き

う き う き

で あ う




ジェジマール・サンジ ナチュラル


虚 空 へ 伸 び て ゆ く

蔓 は

感 受 し な が ら


飛 ぶ よ う に

歌 う よ う に

小 さ な 葉 を 広 げ て


陰 に 微 睡 み

陽 に 微 笑 み


根 は

秘 め ら れ た 年 輪 を

数 え な が ら


花 は 降 り

鳥 は 眠 り

風 は 抱 き

月 は 遍 き


透 き 通 る 波 は

な ず む も の を

揺 ら し な が ら


彼 方 [あ な た] か ら 届 く

咆 哮


く る り

蔓 は

描 い て

ま た す す む




カイカ(階下で開花する開化)


ま る ま る

つ ぼ み が

ひ ら い て ゆ く よ


ゆ っ く り

ゆ っ く り

い の ち の じ か ん


千 紫 万 紅

お さ ま り き ら な い

と ら え き れ な い

は な び ら が

匂 い 立 つ

風 と な っ て

流 れ て ゆ く よ




生物[いきもの]


水 浴 び て


実 を 食 み


休 む


木 陰 か な




饗の風


停滞した世界に

夏の朝の風が吹く


樹々が実を降らせ

大地がやさしく受けとめる


鎧戸を開けて

窓を開いて

外へ出て

その身を世界にさらすなら


花鳥風月


夏の朝の

さわやかな風が吹きわたる




harmonize


暮 れ て ゆ く


夏 の 宵 の


ハ ー モ ニ カ




syn-動


灼 熱 の 振 動

輪 郭 は

解 け 流 れ て

崩 れ 落 ち

マ グ マ の 大 地


揺 さ ぶ ら れ る

(粒 状 の) 凝 集

つ た え 合 う

(波 状 の) 膨 縮


確 か に

こ こ に

あ る


無 く な っ た り し な い


世 界 は

中 空 か ら

湧 き 出 し て い る


厖 大 な エ ネ ル ギ ー の

塊 で あ る 私 た ち は

広 大 な 真 空 の 場 を 秘 め て


赫 灼 と シ ン ド ウ す る




magma


中深煎り クレモーソ


ド ロ ド ロ と

湧 き 出 す

溶 岩

灼 熱 の 流 れ は

果 た し て

深 き 紺 碧 の 凪 と 出 逢 う


た め 息 の よ う に

雄 叫 び の よ う に

吹 き 上 が る

蒸 気


断 崖 の 海 鳥 た ち は

眺 め な が ら

羽 を か き つ く ろ う


海 の 底 か ら

突 き 抜 け て く る

そ れ

目 に は 見 え な い

耳 に は 聞 こ え な い


鎮 か な

表 皮 が 感 受 す る

ほ の か な

も の


け し き

と 言 い

け は い

と も 言 う

か す か な

こ と


あ ら た し

事 場 の

大 地 が

展 か れ て い る




2018年7月17日 (火)

Ψυχή(プシューケー)


濡れた岩の頂から

一頭の蝶が

風に乗って

ふわ り

舞い上がる


空の水色は

しなやかな羽を

潤して


陽に香り

影は安らぎ


超えてくる波は

その身を

讃う


アライ

サライ


生まれしものを


アライ

サライ


与えしものを




ペドロ・ロドリゲス SL28 ウォッシュト フロリポンディオ


岩 清 水


か け 落 つ る


崖 の


つ や や か に


草 木 の 緑 は


い よ い よ


深 く


濃 く


キ ラ キ ラ し き 鱗 の


水 面 よ り


跳 ね る


踊 る


う つ く し く


掛 か る 草 頭 は


な ご や か に


ゆ れ る


風 の 道




2018年7月12日 (木)

日昳/未の刻


日に焼けた子どもたちが

光のかけらを

身に纏って

トンネルを駆け抜けてゆく


こぼれ落ちる

太陽の砂は

さらさらと

さらさらと

やがて

ひとすじの川となり


とりどりの魚が

気持ち良さそうに

てんでん

ばらばら

好きな方へ泳ぎ出す


水際をかすめて飛ぶツバメが

明日は晴れだと

呟くと

蛙は応えて

歌い出す


岸辺や山麓

野の原は

ミントの香りに

満ち満ちて



tunnel

@ミント(mint)といえばハーブの名前として思っていなかったのですが、今回 語源を調べて 同じ綴りで他の意味があることを知りました。


2018年7月 8日 (日)

カクセイ


山 を 越 え

潮 風 が

海 の 匂 い を

注 ぎ 込 む


よ ど ん だ 塊 が

ゆ れ

う ご き

森 の 樹 々 は

よ う や く

深 い 息 を つ く


過 ぎ し も の の

面 影 が

暮 れ な ず む 影 の 奥 で

揺 れ て い る


肌 に ま と わ り つ く

湿 り 気 の

気 化 熱 は

カ ゲ ロ ウ


閉 じ 込 め て い る

キ ョ ウ カ イ が

溶 け 落 ち て い く


細 胞 膜 は

し な や か に

B l o w i n ' i n t h e W i n d


溶 解 す る 世 界 の 中 で

僕 の カ ラ ダ は

く っ き り と

立 ち 上 が る




気流に乗って


風 を 浴 び て 飛 ぶ 鳥 の

鈴 が 世 界 に 鳴 り 響 く


気 圧 の 波 を

乗 り こ な し

島 の 香 り を

届 け ま す


薫 き し め ら れ た

こ の 身 か ら

う た が 流 れ て ゆ く の で す


雨 は 今 日 も 降 る で し ょ う

天 は 今 日 も 晴 れ る で し ょ う


行 く 先 々 の

土 の 香 が

空 を 染 め て ゆ く の で す




はじむ


街 は

水 に ゆ れ な ず む


眼 球 レ ン ズ は

吹 き ガ ラ ス の 窓


裏 白 の 丸 葉 は

小 魚 の 群 れ

濃 緑 と 乳 白 色 が

点 滅 す る

な か

高 き 樹 冠 で 繋 が っ た

樹 々 の ト ン ネ ル を

ひ ざ 丈 の フ レ ア ス カ ー ト の 黒 い 影 が

遠 ざ か っ て ゆ く


名 を 思 い 出 せ な い

甘 い 花 の 香 り


ど こ ま で も

い つ ま で も

薫 き し め ら れ て


頭 上 は る か

波 打 ち ぎ わ の

と ど ろ き が

大 地 を ふ る わ せ る


び っ し ょ り

濡 れ 萎 ん だ

輪 郭

眠 り に 落 ち て い く か の よ う に


始 ま り の 夜 に

と け て ゆ く




リムタム [rim-たむ/rim-彩む]


と り ど り の

小 石 の 浜 辺

珈 琲 色 を

ひ と つ

手 の ひ ら の な か

じ ん わ り

抽 出 さ れ て ゆ く


胞 衣 あ ら う

川 上 に

桃 の 花 が 咲 い て い る


績 み

紡 が れ た

モ ノ カ タ


竜 胆 の

深 き 泉 に

一 献

さ さ げ

空 也

空 也 と

な り ぬ れ ば


も の の ふ の

こ ぼ れ し

と め ど な く


ほ ろ ほ ろ

鳥 の

鳴 く 丘 に

わ た る 風 の 芳 し や


た な び く 髪 か ら

流 れ 出 す

露 は 真 珠 の 首 飾 り




rim


こちらのサイトによれば、
 “リンドウは漢名「竜胆」の音読みが変化した語。
 平安時代には「りむたう」「りんたう」「りんだう」「りうたむ」など表記は一定していないが、実際は「リンダウ」に近い発音だったと考えられている。”とのこと。


2018年7月 2日 (月)

一葉 一陽


エ メ ラ ル ド グ リ ー ン が

う つ り こ む

影 は

小 鳥 た ち の

ね ぐ ら


フ ク ロ ウ の 雛 は

ふ く ふ く

羽 を

膨 ら ま し て る


梢 の 先 の

一 葉 は

サ ナ ギ か

ツ ル ギ か

さ き す す み


柳 絮

ふ る ふ る

海 の な か




あきつ


夏 の 日 差 し に

恥 じ ら い な が ら

花 は

風 を う た っ て い る


今 日

蜻 蛉 が 夢 を み た よ


浜 辺 の

巻 き 貝 は

月 の 光 を 浴 び て

い き か う 波 に

コ ト 寄 せ る




DESERT


重 く

凝 り 固 ま っ た

膠 の よ う な

粘 着 質 が


よ ろ よ ろ

よ ろ け


渦 が

と ろ と ろ

動 き 始 め る


d e s e r t


空 の あ な た に

浮 か ん で は 消 え る

な つ か し き

と こ ろ


d e - s e r t


砂 煙 が

幻 を 洗 い さ ら う

い と お し き

こ こ ろ




@desert < de- “undo”+serere “ join together, put in a row”( from PIE root ser-(2) “to line up”)


UNDO


か は た れ の

と き の な か

ふ っ く ら

茜 の 花 弁 が

ゆ っ く り

ひ ら い て


真 黄 色 の

花 粉 が

空 を 描 い て ゆ く


小 鳥 は

も う

目 覚 め て い る よ


鈴 虫 の 羽 は

ふ る え て い る


乳 香 の 狼 煙 が

い ま

ま い あ が る




ヒジュラ/hijrah


熟 れ て ゆ く

洋 梨 の

ま る い フ ォ ル ム


そ の 輪 郭 線 は

部 屋 を 漂 い

風 に 伴 わ れ

窓 か ら

流 れ 出 し て い く


湖 面 の

は じ け る

ゆ ら め き は

き ら き ら し い

実 り


ユ ニ コ ー ン の

洗 い ざ ら し の

た て が み は

森 の 秘 密 の 竪 琴


奏 で ら れ る 香 り に

ワ タ リ ガ ラ ス の

漆 黒 に 濡 れ た 音 が

交 差 す る


オ ォ ォ ォ ォ …


地 底 か ら

と ど ろ き


オ ォ ォ ォ ォ …


天 は

さ び


空 は

た け ぶ


庭 の ク チ ナ シ の 花 が

い ま 生 ま れ た ば か り の 赤 児 に

注 が れ た


ブ ー ゲ ン ビ リ ア が 浮 か ぶ

あ の 青 い 空 に

一 度 も 陸 に 上 が っ た こ と の な い

深 海 魚 が

打 ち 上 げ ら れ


宙 に 浮 く

幻 の

ヴ ァ ジ ュ ラ は

砂 に 砕 け


ヒ ジ ュ ラ の 月 が 訪 れ る




@ウィキペディアによれば、“本来アラビア語ではヒジュラは移住を意味し、特に「ある人間関係を断ち切り、新しい人間関係を構築する」というニュアンスを持つ。” とのこと。

@同じく、イスラム教においては「ヒジュラあったとされるユリウス暦622年7月16日を以ってヒジュラ暦の紀元と定められている」とのこと。


夏けはひ


小学生の頃

向かい合っていた

夏の

圧倒的な大気


御することなど

入り込みもしない

驚きと

ときめき


風に端がないことも

詩[うた]が虫取り網からすり抜けていくことも

自分の尻尾が空から延びていることも


知っていた

あの夏の気配




夏の朝


あ ざ や か な 世 界 が

押 し 寄 せ て く る


微 睡 み と

覚 醒 の


融 け 合 う あ わ い と

屹 立 し た 輪 郭 の


遠 い 時 の 奥 底 か ら


揺 れ な が ら

静 止 し て い る


隠 れ つ つ

現 れ て い る


言 葉 で も

捉 え き れ な い

コ ト 場


皮 膚 を い き か う 世 界 を

世 界 と し て

ど こ ま で も 深 く

呼 吸 す る




2018年7月 1日 (日)

夏空


空の水色が

細胞膜に浸透する


まどろむ

細胞質


プールのあとの

昼寝から

目覚めたような


しなやかな

爽快感


どこまで

いけるだろうか


眼に映る青の

さき




« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »