« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

仰秋


天 高 く


か け の ぼ る 月


仰 ぎ





開秋


秋 が ひ ら く


安 達 太 良 山 の


空 の 如




2018年8月30日 (木)

woodnote


つ る つ る の

ま る


つ や つ や の

て ん


ひ ろ が る

あ つ ま る

の び の び と


か か る 虹 の

い ろ い ろ を

ど う し て

一 つ に で き ま し ょ う




2018年8月28日 (火)

あい コトバ


か き わ け ら れ た

草 む ら の

朝 の 雫 は、

通 り 過 ぎ る 旅 人 の

衣 を 彩 る


苔 を 食 む

山 羊 た ち は

岩 山 を 跳 ね 渡 り、

流 れ る 血 は

知 ら ぬ 間 に 癒 え て、

高 山 [た か や ま] の 小 さ き 花 々 に

香 り あ ふ れ る

と き


潮 風 は

大 河 の う ね り

大 地 を

繊 細 に 彫 り 進 む


凸 凹 の 影 が

泉 に 注 が れ

旅 人 の 疲 れ た 脚 を 洗 い

喉 を 満 た す


こ と な る こ と の

あ い


コ ト バ は

あ い し

う つ く し き


*



ムニンヤ


も つ れ る

絲 の

は た は た と

お り し

お ら れ し

ほ ど か れ し


草 の 丈 は

天 を 突 き

さ き し

さ か れ し

い と お し き


キ ノ コ の ホ ウ シ は

ホ ロ ホ ロ と

こ ぼ れ

こ ぼ さ れ

舞 い 上 が れ


広 げ し ヒ ト の

体 は コ コ ロ

し な り

や わ り の

マ ト リ ク ス




2018年8月25日 (土)

文披月


冷 え た グ ラ ス が

涙 を な が す


私 の 涙 が 渇 い た あ と に


ふ み ひ ろ げ づ き


満 月 が 照 ら す




glass


2018年8月23日 (木)

LARGO


蝉 の 音 の 渓 谷 を

緑 色 の 川 が 彫 り 進 む


流 れ ゆ く の は

ヴ ィ ヴ ァ ル デ ィ の 『和 声 と 創 意 の 試 み』 

協 奏 曲 第 3 番 第 2 楽 章 の

透 き と お っ た

ハ ミ ン グ


あ ら い

あ ら い

光 の 粒 が

世 界 を

奥 へ 奥 へ と 満 た し て い く


く っ き り と し た

あ い ま い さ


木 霊 す る

天 と 地 は

木 が 葉 を 落 と す よ う に

開 幕 す る




largo


到りて


干 し 草 の 薫 り が

鼻 腔 を 満 た す


す っ か り

刈 り 取 ら れ た

原 っ ぱ は

せ い せ い と し た

面 持 ち で

青 い 空 を

深 呼 吸 し て い る


面 影 を 追 う

ス テ ッ プ の 風

夢 見 て い る の は

パ ン パ の 輝 き


ど こ と な く

恥 ず か し げ に

う つ む く

穂 の

色 づ く 波 は

う ね り

し ぶ き


今 日 と い う 日 の

不 思 議 を 思 う




降波


虫 の 音 が 降 る


半 分 の 月 は

ほ ん の り

潤 み


手 の 中 で 盃 は

か す か な 波 を う つ す




2018年8月17日 (金)

種播[たなばた](2)


懐 か し い 風 が

さ ら

さ ら

さ ら う

秋 し 日 に

綿 毛 の 種 が

羽 ば た い て


遠 い 森 の

奥 深 く

さ ら

さ ら

さ ら り

舞 い お り る


透 [と お] き 湖

底 の 底

さ ら

さ ら

さ ら に

底 の 底


地 中 を 流 れ る 風

聴 け ば

さ ら

さ ら

さ ら し て

い く の で す




呼と吸のあいだ


名 づ け て い な い も の を

名 づ け ぬ ま ま に


名 づ け ら れ な い も の を

名 づ け ぬ ま ま に


知 ら な い こ と を

知 ら な い ま ま に


出 逢 っ た こ と を

出 逢 っ た ま ま に


ひ と

呼 吸


描 く 前 に

あ ち こ ち 感 じ る

か ら だ で

世 界 に 触 れ る の だ




種播[たなばた]


銀 色 の 風 が

流 れ 込 む


羊 た ち は

旅 立 ち て

羊 飼 い は

去 っ て ゆ く


響 き 渡 る 角 笛 が

巻 貝 に 届 け ら れ る と

空 に 溜 ま っ た 幾 億 の 物 語 は

こ と ご と く

と け 朽 ち て

真 空 へ


明 [あ き] ら め た

夜 は

つ ぎ つ ぎ と

地 球 を め ぐ り

ひ と り

ひ っ そ り と

口 笛 を 吹 く




晴夜


晴 れ た 夜 に

雨 が 触 [ふ] る


ふ る

ふ る

ふ る

ふ る

ふ る え て い る は

こ ご え た

古 き 傷 の 疼 [う ず]


渦 [う づ]

う も れ て い る は

温 き 血 潮 が

た ぎ る 音


た ぎ

た ぎ

た き

た き

滝 わ た る の は

晴 れ た 夜 に

吹 く 風 や




2018年8月16日 (木)

交変


草 を 刈 る

地 の 匂 い


大 地 に 仰 臥 す る 蝉 の

止 む こ と の な い

羽 ば た き は

風 を 呼 び


吊 り 下 げ ら れ た

花 は

刻 々 と

焼 き 尽 く さ れ

艶 や か な 緑 の 只 中 で

渇 い た 炭 の 粒 と な る


ひ と

膜 が 開 [あ] く


瀞 は

押 し 流 れ

喉 を 駆 け 下 り る の は

苔 の す む 水


白 き 峰

白 き 波


湖 畔 の 薫 り を 携 え て

季 の 花 が 超 え て き た

季 の 実 り は 過 ぎ し 日 の

月 影 そ そ ぐ

山 懐 で

鳴 く フ ク ロ ウ の

い と お し や


交 わ さ れ し も の が

変 わ さ れ る と き




靜夜


群 青 の 地 平 に

浮 か ぶ

一 艘 の カ ヌ ア

三 日 月 の 黄 の

奥 を ゆ く


黄 金 の 流 れ は

穏 や か に

青 緑 の 風 は

鮮 や か に


明 滅 す る 星 々 の

囁 き が

忘 れ ら れ た

石 の 神 殿 を 照 ら す


ひ と し ず く

ひ と お り


ひ と と き の

ひ と た び


白 檀 [サ ン ダ ル ウ ッ ド] の 壺 は

燃 え て

降 り し き る 灰 は

た な び く 砂 浜


濡 れ た 足 跡 を

た ど る 足 音 は

砂 鉄 が 描 く 波 紋 に

大 河 の ご と く

泰 然 と 蛇 行 す る


点 々 と

点 々 と


寄 せ て は 返 す

幾 多 の 波 も

消 す こ と は で き な い

靜 深 な る 地 平




2018年8月14日 (火)

触[ふ]む


広  が  り  し


足  指  が  吸  う


夏  の  床




2018年8月13日 (月)

可能無限


ぐ ぅ ん ぐ ぅ ん

の び る

空 の な か


ぐ ぅ ん ぐ ぅ ん

果 て も

の び て

い き


て ん

た か く


ぐ ぅ ん ぐ ぅ ん

あ ら わ る

あ ら わ れ る





火  の  星  の


あ  か  き  輝  き


秋  が  立  つ




みそぐ


水  浴  び  て


ト  ン  ボ  の


翅  の


薄  衣




由比ガ浜


白  鯨 
[シ  ロ  ク  ジ  ラ]


砂  鉄  の  浜  の


黒  に  逝  く




2018年8月12日 (日)

ほとけ て


体  じ  ゅ  う


あ  ち  こ  ち


溜  め  息


夏  の  風  呂




整体


カ チ コ チ の

ほ ぐ れ て

ヒ ト 素 足

や っ と あ ら わ る

三 度 目 の 夏




2018年8月11日 (土)

ハふ


川 面 か ら

一 匹 の 魚 が

跳 ね 出 る と

海 の 水 は

竜 巻 と な っ て

空 を 突 く


森 の 奥 か ら

あ ら わ れ た

オ オ カ ミ の

遠 吠 え が

大 地 の 核 を 貫 け ば

世 界 の 樹 々 は

た わ わ に

実 を 降 ら せ る


桜 の 花 の 香 り は

鈴 と な り

鈴 が な り

膝 に 埋 も る 子 ら に

や す ら か な 眠 り を 贈 る


深 く 刻 ま れ た 傷 あ と は

や が て

み ず み ず し い 湧 き 水 へ


や っ て く る

旅 人 の

渇 い た 喉 を 潤 し て ゆ く




ウぶ


草 原 が

吹 き 上 が る


栗 毛 の 馬 が

走 り 出 し

積 乱 雲 を

駆 け の ぼ る


蝉 は 体 を 震 わ せ て

雲 頂 ま で も

轟 け ば


応 え て

い か づ ち

流 れ 出 し


う ぶ

す な

ひ ろ が る

海 の 上


う ぶ

す な

舞 う

舞 う

空 の な か




2018年8月10日 (金)

結果


嵐  去  り


風  に  頷  く


み  ど  り  た  ち




結果自然成


一華


鮮  緑  の  雫


松  葉  が


夏  に  跳  ぶ




一華開五葉


松雨


蝉  が  鳴  く


揺  れ  る  松  葉  の


時  雨  と  き




夏壁


夏  の  壁


梢  が  濡  ら  す


影  の  雨




2018年8月 9日 (木)

くろ


黒い川が

流れている


あらゆる地に流れる血


黒い雨が

降っている


あらゆる地に注がれる血


真っ白な眼球に

広がる

あかき充血の根


なだをこえ

なみをいく


胸もとに咲く

花の黄は

蒼い風が連れてきた

虹をわたって

いくのです


いっぽんの

大きな木が

ぷかぷかと

宇宙の黒に浮かんでる




2018年8月 8日 (水)

ちそう


透 き 通 っ た

土 色 の

か さ な り

切 り 取 ら れ た

古 よ り の 地 層 か ら

涙 色 し た 鮮 血 が

染 み 出 し て い て

原 人 が 眠 る 洞 窟 に

ほ と ば し る

絵 を

染 め て ゆ く


焼 き 締 め ら れ た

泥 の 像 は

ど ん な 夢 を 見 た の だ ろ う


細 め た 眼 差 し が

漆 黒 の 眼 球 を 貫 い て

届 け ら れ る


同 じ 土 を

足 裏 に 刻 ん だ

始 ま り の 記 憶


同 じ 幹 を

手 の ひ ら で 掴 ん だ

懐 か し き 記 憶


同 じ 水 を

住 処 と し て い た

は ろ け き 記 憶


同 じ 粒 子 を

素 と し て も つ

無 限 の 記 憶


宇 宙 の

離 散 と 集 合 の な か で

生 ま れ て き た

わ た し た ち


一 滴 の 水 は

海 に か え る

一 粒 の 素 は

空 に か え る


海 の 水 は

あ ら た し 流 れ と な り

空 の 素 は

あ ら た し 宇 宙 を つ く る




2018年8月 7日 (火)

ミナカのうた


か ご め

か ご め

籠 の 中 の 鳥 は

い つ

い つ

出 や る


夜 明 け の 晩 に


つ る

つ る

つ る

つ る

つ っ ぱ い た


つ る

つ る

つ る

つ る

か ぎ に な れ

さ お に な れ

た い こ ろ ば ち の 蓋 に な れ


つ る

つ る

そ こ ぬ け

そ こ が ぬ け た ら

ま い り ま し ょ




こちらのサイトの『かごめ かごめ』と『なべなべそこぬけ』と『つるつる かぎになれ』の記事を読んでいたら、こんな風に 私の中で歌詞がひと連なりになりました。


2018年8月 6日 (月)

つる


水 流 [つ る] の 音 の

ひ び く

大 地 に

こ と よ せ て


割 れ た る 甕 は

砂 塵 と な り て

風 に と け


つ る

つ る

つ る

つ る

す べ り ゆ く




LIFE/つぐ-なう


酷 暑 の 熱 の

昼 日 中

お ひ さ ま の よ う な

お つ き さ ま の よ う な

お ほ し さ ま の よ う な

黄 色 い 花 が

咲 い て い る


か ろ や か に

し な や か に

さ わ や か に


ほ と ば し る

匂 い は

炎 と し て

立 ち の ぼ り

い ち め ん の 陽 炎 を

包 み 込 む


い と お し く

す ず や か に

い つ く し み


疲 れ た 鳥 が

羽 を 休 め る

木 陰 か ら

聴 こ え る の は


か な た

か ら

あ な た


流 れ い く も の



life

碧の秘密


ど ぅ

ど ぅ

ド ゥ ク  ド ゥ ク


一 本[ひ と も と] の 鷹 が

押 し 寄 せ る

波 頭 を 超 え て

日 の 本 の 空 を 舞 う


渦 潮 に

高 く し ず み

吹 く 潮 に

深 く の ぼ る


ス フ ィ ン ク ス が

冥 宮 の 扉 を ひ ら き

掲 げ ら れ た

問 い を

抱 く 人 に ひ れ 伏 す と き


嗚 呼

い づ こ よ り 来 り し か

嗚 呼

海 鳴 り の 言 葉 を 持 つ も の


碧 の 秘 密 は

緑 陰 の 風 に 運 ば れ て

問 い 続 け し も の に

さ さ や く




まつりのあとに


鱗 が

剥 が れ 落 ち る


氷 の よ う な

涙 の よ う な


深 海 の 大 魚 が

波 上 を

跳 ね る


島 の よ う な

惑 星 の よ う な


糸 は

風 に 紡 が れ

絲 は

空 に 織 ら れ


太 鼓 橋 が 鳴 る

旅 芸 人 の 一 座


綿 あ め の 甘 い 匂 い

水 風 船 は は ず ん で い る


日 が 暮 れ る

社 の 影 に

取 り 残 さ れ た

キ ツ ネ の お 面


か わ い た 砂 が

舞 い 上 が る


祭 り は

終 わ っ た

草 笛 が 響 き わ た る


剥 が れ 落 ち る も の は

風 に 散 り

水 に 融 け

土 に 還 り


た だ

気 配 だ け が

こ こ ろ ざ す




2018年8月 2日 (木)

青夜[せいや]


青墨の夜空に散らばる

星々の

小さな

光の深みは

僕を

ぐんぐん

吸い込んでゆく


生まれる

ずっと

ずっと前に

放たれた光を

いま

見ている

不思議


なつかしいココロが

どんどん

溢れてきて

またたく宇宙の蒼の中

僕は

溺れる




« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »