« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

移変普遍


い ろ う つ る


ツ ル ウ メ モ ド キ


や [野、舍、屋、家] を か ざ り




きざし


荒 草 に


光 の 雨 が


ふ る


朝 [あ し た]




2018年9月29日 (土)

明海


明 け た ば か り の 海 は


沸 騰 す る 輝 き


は じ け る 鳥 の 声 に


漁 の 船 跡 が


交 差 す る




光明


水 平 線 か ら

陽 が の ぼ る


世 界 が

ゆ っ く り

色 づ い て ゆ く




月光


秋  月  に


潮  騒  ぐ


水  墨  の  星




月夜


仲 秋 の 月 に


た ぎ る 潮 [う し お]


み つ る




2018年9月27日 (木)

sparkling


秋 霖 の



は じ け た る


腔 [あ な] の 内




2018年9月26日 (水)

ことなる、あい


こ  と  な  る


あ  い


あ  き  ら  め


さ  よ  う  な  ら


ど  う


い  き  て


こ  と  な  る




@ことなる=個となる、異なる、事成る
 あい
 明らめ
 さようなら
 どう[=HOW]、動、DO
 生きる、活きる、息流


@瞑想的なありよう、とも言えそうです。
 醒めているとは、適当な距離を保っている ということ。
 その距離とは、快適なパーソナルスペースであり、息がしやすい[=生きやすい]距離感・スペース・時空。


@「さようなら」と「いきる」は、ひと息つくプロセス。「余」のプロセス。今の時代に欠けている、ヒト/生命にとって もっとも必要かつ大切なもの。ではないかなぁ。


あい、から、いきる


あ  い


あ  き  ら  め


さ  よ  う  な  ら


ど  う


い  き  る




逢い
 明らめ
 左様なら
 どう[=HOW]、動、DO
 生きる、活きる、息流


犀の如くただ独り歩め


木 犀 の 香 に 溺 れ て


空 を 待 つ




どうして木犀に犀[さい]の字が入っているのか

@ブッダの例の有名な言葉。「犀の角の如く」ではなく 「犀の如く」が正しいようです


2018年9月21日 (金)

秋募


雨 を 羽 ば た く 鳥 の

わ た る お と

水 の 煙 に 乗 っ て

し た た る


熟 れ し 葉 は

陽 炎 の よ う に

け し き を ゆ ら す


掘 り あ て た

と き め く

さ み し さ




cf. のどかな、さみしさ


ひと り


ひ と 恋 し


ひ と り 愛 お し


秋 の 夜




2018年9月20日 (木)

生任好風


ふ か ふ か  と ぶ


こ と り


ひ な の 面 影 を や ど し


柳 葉 舞 う


水 辺 を い く




cf. 『大酺』(杜審言)


雲如月


み か づ き の 雲 が


秋 夜 を


抱 い て い る




cf. 『山中月』(眞山民)


2018年9月19日 (水)

あきつしま


リ ュ ウ


リ ュ ウ



木 犀 お よ ぐ


秋 津 か な




玄鳥去[ツバメさる]


雨  と  お  り


雲  を  ひ  ら  き  て


秋  の  月




@9月18日(火)


2018年9月18日 (火)

夜景


夜  を  見  張  る

フ  ク  ロ  ウ  の

声  が

ム  ラ  に

渡  る  と  き

秋  の  月  は

冴  え  冴  え  と

坂  の  上  に

の  ぼ  り  ま  す




2018年9月16日 (日)

秋香来


秋 の か を り は

旅 を 呼 ぶ


あ ち こ ち で 嗅 い だ

と っ て も 似 て い る

地 球

に ほ ひ




2018年9月14日 (金)

緑蕾


ぽ  っ  て  り


つ  ぼ  み  が


夕  暮  れ  の


緑  の  光  に


注  が  れ  て




あきさめ


あ  め  が


地  球  を


奏  で  て  る




2018年9月12日 (水)

ヴィーナス[Venus]の誕生


真  珠


ひ  と  つ  ぶ


う  ま  れ  し  は


深  い


な  み  だ  の


泉  か  ら


ポ  ロ  ポ  ロ


ポ  ロ  ポ  ロ


溢  [こ  ぼ]  れ  た  る


湾  は


静  か  に


凪  の  風




Venus


そせい(甦生、塑性、素性、蘇生)


黒 い 鋼 の 方 形 が

ぴ し り

割 れ た


朝 は

は か な げ に 訪 れ る


山 々 の 懐 に す む 水 は

ゆ っ く り

ぽ っ て り

場 を 満 た す




2018年9月 9日 (日)

black hole


ハ ヤ ブ サ は


夜 を 飛 ぶ


流 星 の 煌 め き を 身 に 纏 い


黒 き 穴 を 覗 き 込 む




2018年9月 8日 (土)

アル-シャラン[al-shalan]/かん-ぼたん


大 輪 の 牡 丹

は な ひ ら き

磨 っ た ば か り の 墨 の よ う な

ま る ま る

つ や つ や

の 実 が

ふ か ふ か の 大 地 に

ほ わ ん

と 根 づ く


向 日 葵 が 憧 れ た 碧 は

風 と

土 と

水 と

小 さ な 生 き も の た ち と

地 球 を め ぐ り

デ ジ ャ ヴ と ジ ャ メ ヴ の

波 打 ち 際 で

遺 さ れ た 足 跡 が

あ ら わ れ る


サ ザ ン ク ロ ス は

ざ ざ め き

標 さ れ た

文 字 の

行 く 先 を 照 ら す


ひ と   つ

ひ  と  つ


川 面 を す べ る

と き の ふ と こ ろ に

揺 ら れ し も の の

映 す 満 月 の 影 が

積 乱 雲 と な っ て

か け の ぼ る


問 わ ず 語 り に

う ま れ し は

曙 の 花

そ の 紅 を 差 す 唇 か ら

ほ と ば し る 詩 [う た] は

み ち の 門 を ひ ら く 鍵


響 く 薫 り に

身 を 委 ね

マ ト リ ッ ク ス / m a t r i x

流 れ る 風 と 水 と

い く




al-shalan

 かん-ぼたん
 寒牡丹
 間-button
 button


2018年9月 4日 (火)

空の描


曇  秋  の


空  に  一  匹


描  く  輪  か  な




« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »