« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

こいしかわ


川底の小石が

流れにゆれて

きらきら

きらきら

はじけて

はじめて


踊るせせらぎは

眩しい新緑の匂いを抱[いだ]いて

るりるり

るるるり


一瞬のそよ風に

広げられる布のように

世界がひらく


至る所に刻まれた

あなたやあなた達は

隔てられた

わたしとわたし達


ねぇ

そこには何がある?


地球にいきる

大きな家族のものたちよ


たがいの感覚

きらきら

はじけて

はじめて

いろんないとで

いろいろなおと

織っていこう




あいのペースで


有田の赤絵の花赤は

毎日上澄み取り除き

水を改め

10年かけて

こまやか

あざやか

深い赤があらわれる


「とき」でしかはかれない

エネルギー

自然のペース

宇宙のあいが、はぐくむもの


138億年


いったい

いまの命[わたし]たち

いったい

どれほどこまやかで

どこまで深くあるのだろう




ひととなる


肥大化した自己のような

夏の狂乱は

何度も

大きく揺さぶられ

時と共に

徐々に

刈り取られ

見慣れた景色の中に

ジャメヴが

うまれる


薄墨のうろこ雲は

茜に染まる

空の雫


烏は羽の漆黒を拡げて

あなたの風を受けとめる


息は深く

どこまでも広く

子守唄は宇宙にあまねく波


暴走した脳と吐き出されるコトバは

体を取り戻し

分断された体は

流れを取り戻す


ほっと

ひと

いき


ついた


ひととなる




遇然


あちこちで

地球のへそから

しぶく大地が

巻き貝のような螺旋を描き

ぐんぐん

ぐつぐつ

立ちあがる


練り上げられたチは

脆く

柔らかく

強靱で


狐は

ふさふさ

大きな九尾で

仰ぎ見る


小羊は自らを悔い

七つの目を閉じ

かみの王国呑み込むと

ラッパは崩れて

幻すべて大地へ還る


もじもじ君、

かみの呪縛は

とけました


あちこちで


せいせい

すいすい

思う存分

いきできる


空にうつるものよりも

感知できないものにこそ


あらわされたものよりも

あらわれいでぬものにこそ


それ故に

あらわれしものの不思議さを

畏れあらわすゆたかさを


宇宙がある偶然と

宇宙にうまれたこの奇跡


それ故に

どこで生まれたものであれ

ホモ・サピエンス

同じ家族のものであれ




2018年10月29日 (月)

ときめくAlice


秋。


純白に黙したクチナシの

黄昏と暁の色を宿す実が弾けると

燕尾服で身を包んだ小鳥が

ツツピー

ツツピー

ときを告げる


楢と楠

大樹の洞の

扉がひらく


あたたかい闇が

世界を

輝かせる


見たこともない

聞いたこともない

嗅いだこともない

味わったこともない

ものに

初めて触れる


と き

め き


と き

め き


白ウサギは

大事にしまい込んでいた時計を

チョッキから取り出し

膨張する宇宙へ投げ捨てると

彼の膠が繋ぎ止めていた

石膏たちは

砂塵となって空を舞い

地球をめぐり

宇宙の渚へ運ばれて

やがて

天の川にとけるだろう


き ら

き ら

眩しい

闇の輝き


と き

め く


と き

め く


ふ る

ふ る


ふ ゆ る


敷き

おりおり

であいのなかで




石膏は、“主に、海底の沈殿物が化学変化を起こして生成されたもの。沈殿物の層が地殻変動で地表に出現し、一度乾燥したものが、再度、雨や地下水と反応してできる。”とのこと。

Alice < Adalhaid “nobility, of noble kind” < adal “noble family”(PIE at(i)-“over, beyond, super”+al- “to nourish”)+heit “state, rank”


2018年10月27日 (土)

深化


海原をわたる蒼い風

草はらをわたす黄金の波

碧い空はしぶき

褐色[かっしょく/かちいろ]の大地は

夜明けの蓮の花

世界は

ゆっくりと

染めあがる


アフリカの土が育んだ種は

あかあかと

もえる花となり


たおやかな

精いっぱい

伸ばした手の指は

触れた虚空につかんでいる


洞窟で見た夢は

描かれただろう


角[つの]は

牛たちの歩みとともに

捧げられた


深まる

秋の薫り


とこまでも

どこまでも




africa

@アイルランド語の女性名AifricAfrica


佇まい


受  容  す  る


よ  ろ  こ  び


ひ  ら  く


N A T I V E  花




2018年10月25日 (木)

あけぼの


蜜  を  吸  う


蝶  の  羽  は


瞬  き


世  界  が


ひ  と  つ


あ  け  て  ゆ  く




ときめく さぶ


深 く な っ て ゆ く 秋 の

ひ や ん

と し た 朝 の 空 気 に

春 の 明 け 方 の

と き め き を 孕 ん だ

ひ ゆ ん

が と け て い る


昨 日 描 い た 波 の 葉 書 が

1 日 の 時 間 を 貯 め て

投 函 さ れ た


ひ や ん

ひ ゆ ん


風 が は こ ぶ

風 が あ そ ぶ


さ ぶ し 季 節 は

し る も の の 時


ひ ゃ ん

ひ ゅ る ん


あ か き チ が

ほ の か に

滲 ん で ゆ く




ふみチャンコ


グツグツ

グツグツ

燃えさかる

鍋て

とかして

あわせましょう


どんな“あい”が

うまれるか


どんな音・色が

あらわるか


クスクス

クスクス

おもしろい

術て

たのしく

いきましょう


どんなコトバが

うまれるか


どんな文が

あらわるか


す すむ


つ や つ や

楢 の 実 が

い く よ


こ ろ こ ろ

か ら か ら

笑 う 子 ら


ど ん ぐ り

ど ん ど ん

森 か ら 海 へ

海 か ら 空 へ

地 球 を あ ち こ ち

め ぐ り ま す



小 豆 色 し た

ゴ ツ ゴ ツ の

岩 が

石 が

ゴ ロ ゴ ロ と


象 の よ う に

星 の よ う に

あ る き ま す


日 も

月 も

土 も

水 も

風 の な か


ゴ ツ ゴ ツ

ゴ ロ ゴ ロ

ど し ん  ど し ん




やっチャント『そら行く、やっちゃん!』


走る

走る

走る やっちゃん


大島

敷島

追い越し

やっちゃん


もう誰にも止められないぜ


走る

走る

走る やっちゃん


富士山

チョモラン

飛び越し

やっちゃん


もう誰にも抑えられない


天高く

地を深く

地球も宇宙も軽々


そら行け やっちゃん

それ行け やっちゃん

そら行く

やっちゃん


2018年10月24日 (水)

アアルト/aalto


この間の朝

起きた時に

一度も食べたことのない納豆トーストを

無性に食べたくなったように、

今朝起きたら無性に

「波」を意味する姓を持つ建築家の展覧会へ行きたくなった。

いや、

海を臨む美術館へ行きたかったのかもしれない。

たぶんそのどっちも、なのだろう。


隣の庭で

たわわになった柿の木の

うねる枝にまだ残る実が

背景から浮き出て

蛍光しているかのように

鮮やかな色を主張する

(今年は、今の場所で過ごす二十余年の中で一番の柿の当たり年、ではなかろうか)


時ならぬ気温の変化に

敏感に反応した

向かいの季は

眩しい新緑を枝いっぱいにたたえて

眠りにつこうとしている枯葉色の中で

来る季節を慎ましく伝える


葉が落ちた樹冠を渡る小さな一羽の

喚起する雄叫びは連呼、

晴れていく空へ

深く

広く

とどろき

それに応えるさえずりが

里や山の

あちこち

湧き上がる


赤い実は

目覚めと眠りを誘[いざな]い

その艶やかで濡れた色が

大地を歌う


ああ

アアルト


「世界がまったく違って見えるのか」


背後から声が問いかける


春のような穏やかな海が

真夏のような陽を浴びて

きらきらしく

きらぎらしく


開[はだ]かる王様


裸 の 王 様

ず っ と ず っ と

独 り ぼ っ ち


誰 も 見 よ う と し な い

誰 も 考 え よ う と し な い

誰 も 本 当 を 言 わ な い


裸 を 裸 と

み ん な が 言 え る よ う に な る と き を

王 様 は 裸 に な っ て

ず っ と ず っ と

待 っ て い る


み ん な の 前 に

開 か る 王 様


そ の 先 の 世 界 を

夢 見 つ つ




あけて


窓 を あ け る と

地 球 の 息 づ か い が

ど っ と 溢 れ て

流 れ 込 む


モ ノ ク ロ か ら

カ ラ ー に


静 止 画 か ら

動 画 に


体 が

世 界 に

持 ち 出 さ れ る


感 覚 が

一 気 に ひ ら く

ひ ら か れ る


自 然 の 波 の

粒 と 化 す




2018年10月23日 (火)

用意秋冬


カ サ カ サ と

歌 う 枯 葉 は

春 の 秘 密 を

知 っ て い る


だ か ら


安 心 し て

お や す み よ


“自 然 の 時” の 布 団 に 包 [く る] ま れ

ぶ 厚 い 流 れ に 身 を 委 ね




ときたま[時貯]


行 く 道 照 ら す 街 灯 が


人 魂 に 映 [う つ]


秋 の 夜




夢を解く

出演する舞台の開演時刻が迫っている。

間に合うか

間に合わないか、

全力で駆けながら

台詞をおさらいしようとするのだが

頭の中は真っ白で

まったく何も思い出せない。


なんども

なんども

そんな場面を繰り返して

目覚める…。


これまで何度か見てきた夢

そして今朝もまた見た夢


ただ今朝は

ちょっと違った。


目覚めたあと

演じるのを辞めればいいのだと

気がついた。


そう、

誰かが書いた脚本を

演じる必要なんてない

し、

別に私は演技したいわけではない

のだと。


そしたら

何かがほどけたみたいに

体のどこかが楽になった。


また同じ夢を見たとしても

これからは

「あほらし。」

と言って笑えばいい。


@2018.10.21


そら


烏  も


蝶  も


蜻  蛉  も


虫  も


深  ま  る  青  に  泳  い  で  る




2018年10月21日 (日)

このあき


人 逝 き し


季 [ス モ モ] の 芽 吹 く


秋 の 庭




タイミング


一 人 逝 き

雨 が 降 る


昨 日 ま で の 予 報 で は

雨 の 気 配 は 無 き も の を


本 日 正 午 の 予 報 で は

予 想 さ れ て い た も の を




@2018.10.20

@timing < time < PIE root da- “to divide”


2018年10月20日 (土)

あと かた


隣に住むNさんが昨日亡くなった

ことを

東京と青森に住む娘さん二人が揃って

伝えにきてくれた


奥様が逝かれてからの14年間

子どもたちの助けを得ながら

一人暮らしを続けられた


こちらが見守る立場なのだけど

隣にNさんがいてくれることが

こちらの安心になっていた


ゆっくりと閉じていかれた

90年を優に越えたその人生


いろいろ伺ってみたかったことがあったのだけれど

奥様のときと同様に

その機会を逸してしまった


玄関先で話を伺い

家に入って

左手が二箇所

蚊に刺されていたことに気づいた


小さな点のようなその跡は

みるみる大きな膨らみとなり…


痛みとも

かゆみとも

おぼつかない反応が続く


時間が経てば

やがて何もなかったかのように

体は元に戻してくれるだろう


記憶にあとかたを残して


適当、さ


うちにある

広葉樹の集成材の食卓は

どっしりしていて

安定感はあるけれど

当たりが硬くて

触っても

座っても

ぶつかっても

痛痛しくて

リラックスできない


そのせいなのか

少なくとも

一因に違いないと私は思っているのだけれど


そこに座ると

飛蚊症みたいに

意識の断片が

あちこち

飛び交って忙しい

(ことがある)


細胞は環境のやわらかさに反応する

って

どこかの教授が言っていたのは

本当だ


硬すぎても

柔らかすぎても

駄目


しなやかに

うごく

よゆう


必要なのは

いい加減な

適当さ


2018年10月17日 (水)

秋朝


ま ど

あ け は な つ


秋 に は 秋 の

匂 い が す る




2018年10月16日 (火)

平成


う た か た の ご と

み な も に

あ ら わ る 影

あ ら い

な が れ て

ゆ く

さ き は

き み が

ま つ り し

う た が た の

う み へ 還 っ て ゆ く と こ ろ




2018年10月15日 (月)

風たちぬ


飛  び  発  ち  し


一  羽  の  鶴  が


秋  の  空




2018年10月14日 (日)

あきふかし


し た た る

黄 金 の 樹 液


ふ る え る

蜘 蛛 の 糸


つ た わ る

… … …


紅 葉 は

カ サ カ サ

か さ 鳴 り


実 る 種 は

イ ガ イ ガ と

フ ワ フ ワ と

ぱ ち ん 、 と

ご く り 、 と

は こ ば れ


微 動 す る 時 空




SIWA


切 り 出 さ れ た

木 目 の

波 打 つ 節 は

宇 宙 の と き を

貯 め て い る


そ れ は 変 わ り 続 け た 記 録

そ れ は 変 わ り 続 け る 意 志


と き

と き

と き

と き


と き め き な が ら

手 渡 さ れ て ゆ く


こ と な り 続 け る

し あ わ せ の 世 界 で

具 現 化 す る 「あ い」

あ か し




@「とき=渡来」→とく=解く
 変化の記述、“エネルギー=変化させるもの=あい”の記述

 「とき=途岐、渡岐」
 偶然の記述、選択の記録


あきのみち


虫 の 音 の

海 の 底 を

秋 の 道 が と お っ て い る


ふ わ り

ゆ ら り

紆 余 に 曲 折


足 の 窪 み は

ゆ っ く り と

霧 散 し

消 え て

ま た

生 ま れ

気 配 だ け を 残 し ま す




2018年10月 9日 (火)

あきのけしき


野 菊 の

乳 白 の 香 り

色 う つ る 葉 の 脈 を 流 れ

虫 の 音 の 波

大 地 を あ ら う


夏 と 冬 が 混 じ り あ う

空 気 は

サ バ サ バ と し た 時 を 刻 み

宇 宙 の 窪 み に 溜 ま っ た

お も い は

分 解 さ れ て

生 態 系 の 循 環 へ 還 っ て ゆ く


あ え か な り

わ た し

た ち




2018年10月 7日 (日)

見つけた秋


あ  き 

み  つ  け  た


飽  き  て

空  き  て

開  き  て

明  く


あ  き  の  秋




結実


黒 き 砂 に

水 は 流 れ て

雲 母 は

地 上 を 輝 く 星 と な る


深 き 秋 の 青 の 空

一 羽 の カ モ メ が

波 に 乗 る


紅 き 実 の 降 る

森 の な か

あ な た と 出 逢 う こ と で し ょ う




たびびと


か き 鳴 る

か ら だ の

と り ど り の

お も い は

原 を 駆 け 抜 け る

風 の よ う な も の で し て

よ し も あ し も

そ よ そ よ と

自 然 の 景 色 の ひ と コ マ の

涼 し い お も も ち

揺 ら し ま す


よ し や あ し に 絡 ま る も

風 に 誘 わ れ 漂 う も

他 人 [ひ と] に 惑 い て 狂 お う も

自 由 気 ま ま な

旅 の 空


あ い し 景 色 を

眺 め つ つ

の ぞ む み ち を い き ま し ょ う



2018年10月 4日 (木)

たまはな


深  き  紫  [し]  の


球  の  花  咲  く


秋  の  野  に




投錨


海 の ま ん な か で

錨 を 降 ろ す


陸 の 山 よ り 深 い 海 の 底 で

光 が 知 ら な い 砂 た ち が

幻 の よ う に

舞 い あ が る


*



航海


船 が ゆ く


 日 の み ち の 波 に 乗 り


泡 立 草 の 黄 の 夢 は


気 流 に 運 ば れ


天 へ 地 へ


宇 宙 を め ぐ る


つ ぶ と な る




2018年10月 2日 (火)

秋の潮


山  越  え  て


秋  海  の  潮


手  に


舐  め  し



海  が  舞  う


野  分  の  風  に


空  を  舞  う




まじる


潮  み  ち  る


山  の  み  ち  を


秋  の  暮  れ




機転/起点(2)


台 風 の 置 き 土 産


人 と 交 わ り


山 と 交 わ る




機転/起点


嵐 あ け


遅 延 が む す ぶ


地 縁 か な




来し方行く先


土 塊 [つ ち く れ] の


中 か ら


生 し


ヒ ト な れ ば




2018年10月 1日 (月)

満つ


大  風  [た  い  ふ  う]  が  運  び  し


潮  香



一  過




« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »