« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月18日 (土)

手入れ

 

そ の な か に

ゆ っ く り と

手 を 入 れ る

 

指 先 が

手 の 平 が

手 の 甲 が

手 の 首 が

ふ れ る

 

か ん じ て

ま さ ぐ り

か ん じ て

こ た え る

 

手 が

体 を ま ね く か ら

 

そ っ と

手 を 入 れ る

し ず か に

そ の な か に

身 を し ず め る

 

 

 

 

ごりむちゅう[垢離/凝り 無中]

 

水からあがった

黒髪に

銀河は渦巻く

 

濡れた黒き瞳に

瞬く星々

 

灼熱の肌は漆黒

あたりいちめん

量子がわきたつ

 

影は凝る

 

無中

無宙

あなたは無注

 

 

 

Sync 真空

 

お ヘ ソ の 奥 に

お 月 さ ま 浮 か ん で

ま ん ま る の ほ ほ え み

照 ら し て い る

 

わ た し の 体 の

細 胞 み ん な

粒 子 み ん な

ぷ か ぷ か

ゆ り か ご

浮 か ん で る

 

真 空

深 空

T H I N K

S I N K

S Y N C

 

1 3 8 億 年 の

宇 宙 の 時 空

開 闢 か ら の エ ネ ル ギ ー す べ て

わ た し と い う 身 体[み] に

注 が れ て い る

 

 

 

2019年5月16日 (木)

ときめく

 

真夏の午睡におちる

かすかなふるえが広がるままに

 

磨りガラスに透けた景色

濃淡がさまざまとけあうままに

 

待っている

間っている

 

ときめき、

 

ときが来るまで

 

 

 

 

 

 

2019年5月 9日 (木)

みち、なる。もの

 

天日で干したり

陰干ししたり

 

ひっくり返して

におってみたり

 

森の湿った花の風

さえずり染み込む砂の水

 

すりこぎ

ゴリゴリ

くだいて

あわせて

 

ここに確かにあるのです。

 

どんなものなの?

問われても

喩えることはできません

 

だって

はじめて、

なんだもの

 

ここにあるのは確かです。

 

 

 

 

大人[ウシ]

 

ウ シ

ウ シ

ウ シ シ

 

得 し も の

失 な い

 

失 も の

得 し て

 

大 人 に な る の

 

う し

う し

う し し

 

 

 

 

ミナカヌシ

 

御中[みなか]の

御中[おなか]の

御中[おく]の御中[おく]

 

uni verse

 

たったひとつの波

たったひとつの公約数

 

 

 

 

ミナカウシ

 

御中[おなか]の

御中[みなか]

 

とぐろが

ほどけて

時空[ゆがみ]がゆらぐ

 

へそから

ぽんぽんぽん

ガスが噴き出す

 

ブラックホールは蒸発してるんだって

 

 

 

ワタ クシ

 

波の音が聞こえ、ない

透明な、んかじゃない

ここが何時[いつ]かも

悲しく、も

 

ない、ない、ない

 

すべて症状

 

両眼を見開き

立ち尽くす

ワタクシ

 

 

cf. 谷川俊太郎「かなしみ」

 

 

たち、とまる

 

良妻賢母の名の下に

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

強い父の名の下に

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

神や仏の名の下に

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

立派な師という名の下に

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

やさしい人の名の下に

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

聖人君子を追い求め

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

嫉み潜ます賞賛で

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

巻き込み 流され 巻き込まれ

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

めんどくさい。

難しすぎてわからない。

思考を放棄することで

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

アタシなんか。

オレなんか。

なんにもできない者として

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

いろんなものこと

フリをして

奪い続けてきたことを

あなたは気づいているだろか

 

考え 見直す こともせず

そんな人らに奪わせて

自ら奪ってきたことを

ワタシは気づいているだろか

 

 

 

 

 

にぎたつ令和のために

 

庭のいまを

葉っぱと花弁に

折りたたみ、

黄金[こがね]の空を旅してる

気球に乗せておくります

 

ぬたうつ森を

いきぬいた

あなたの

こえに届くよう

 

天までも

高く遠く

つみあがる

過剰な字意識

バサラ

バサラ

 

うちわは

あおぐよ

バサラ

バサラ

 

さ、あらば

潮もかなひぬ

いまこそ

こえ

いでな

 

 

 

 

2019年5月 6日 (月)

コトバ(その弐)

 

 

あ る か な き か

ゆ ら ぎ

 

ふ り

つ も る

ふ り

つ も る

 

わ た し

い き る

う ち ゅ う の

な か で

 

 

 

 

見 つ け た

見 つ け ら れ た

 

は は は は は

 

つ く っ た

つ く ら れ た

 

ば ば ば ば ば

 

ゆ っ く り

わ た し

か ら

離 た れ て

 

ゆ き は

ふ る ふ る

 

ね む り

ふ る ふ る

 

ふ ゆ の き せ つ は

し ん し ん

し ん し ん

し ん し ん

 

み  ま も ら れ て

 

 

 

 

ま つ の

み と り の

こ と も

た ち

 

 

 

 

樹 か ら 像 を 彫 り 出 す よ う に

土 を 捏 ね 上 げ 象 る よ う に

虚 空 に 気 玉 を つ く る よ う に

 

全 身 の 表 皮 細 胞 の セ ン サ ー は 全 開

 

微 細 の 海 か ら

 

ば(ba)

ば(把)

ば(場)

ば(va)

ばっ

 

す き

だ か ら 、 、 、

 

 

 

 

お も い か ら

 

す き て

す き て

す き て

す き て

 

あ い

い く

 

 

 

 

 

@Old French ba = expressing surprise(, scorn,dismay)

 「ばっ!」は驚いたときに使う熊本弁

 驚きに対して同じ音を発するこの両者に 何か繋がりがあるのでしょうか?

 

 

糞みたいな言葉

 

言葉は

いつだって

遅れてしまう

 

いま

には

ぜったい追いつけない

 

糞みたいな、言葉

 

役目を終えた腸内細菌と自身の細胞と食べカス

日々刻々排出される膨大な過去の塊

 

とはいえ、

他人[ひと]に役立つ糞も

ある

 

自慢したい立派な糞も

我が身のうちにあったのが信じられないほど沢山の糞も

 

糞は

出さなきゃ

生きられない

 

慢性便秘のヒトたちは

正体不明の言葉で窒息寸前

 

糞を出せ!

世界が求める

糞みたいな言葉を

 

 

 

 

 

@白川静著『字統』には、

 糞の字訓として「けがれをとる・はらう・つちかう・くそ」が記されている。

 「米とhan_50px.png(285 byte) [はん]と廾[きょう]とに従う。米は屎尿の意。これをhan_50px.png(285 byte)(ちりとり)に入れて、棄除するのである。」(P.758)

 

 

 

 

幻語

 

心停止した脳が吐き出す言葉が

 

世界を駆け巡る

 

 

 

 

あいのわたし

 

わたし

わたす

わたわた綿毛

どこへ

運ばれいくのやら

 

わたし

わたす

たわたわたわわ

大きな樹の実になるのやら

 

わたし

いたす

あのねのねっこ

闇の奥までいきてます

 

 

 

 

S(yn)-Pace

 

自然に出てきた赤児らは

へその緒、胎盤、つけたまま

自分のペースで

息はじめる

 

15分の児[こ]もいれば

3時間越えの児もいたり

 

つながった

へその緒の脈動が

その役割を終えるまで

 

待たれ

見守られ

 

はじまりに

必要な

それぞれの時空[とき]

 

 

PACE < PIE root pete- “ to spread”

 

 

気づけば

焦燥感に駆られ続けてきた

僕は

3時間越えのタイプだったに相違ない

 

待って。

待って!

待ってくれ!!

 

いつも

全身

叫んでた

 

アタタタタ

お腹が痛い

 

へその周りは

ガチガチさ

 

おかげで

足の小指のつめ先から

鼻の奥や脳天まで

複雑怪奇に

からまり

からまり

僕は全身硬直中

 

 

 

わたしのことば

 

ぷ ち ぷ ち

皮 膚 が 裂 け て

 

め り め り

血 が 這 う

 

ぬ ら ぬ ら

ゆ ら め く

粘 膜

 

渡 さ れ て い く

コ ト バ

 

 

 

かん

 

かん しる

かん かえる

 

カンカンカン

 

アル・シャラン

 

覚えているよ

はじまりのゆらぎ

 

 

 

余地

 

み ん な

は じ め は

よ ち よ ち よ

 

よ ち よ ち

な け れ ば

歩 け ま い

 

よ く よ く

地 に つ き

い き ま し ょ う

 

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »