« humming/ハミング/はむing | トップページ | 連続と非連続。あるいは、そのように観えるということ »

2019年6月15日 (土)

なみがとおりすぎるところでは

 

光を吸うように

光を吐くように

 

コトバとその周辺[あたり]が

そして あるいは、まったく別の遠くのものが

吸い込まれてゆく

 

やがて

波は

ふかぶかとしたところで触れて

やがて

吐き出されてゆく

 

少しだけ

ちがえた

世界へと

 

 

 

« humming/ハミング/はむing | トップページ | 連続と非連続。あるいは、そのように観えるということ »

詩・うた」カテゴリの記事