« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月21日 (土)

カタだらけの人生

 

かた かた かた

揺れる電車のなかは

かた かた かた

スマホ、パソコン、妄想、不満

交感神経

かた かた かたた

 

かたかた電車に

お化けをみてね

不登校になっちゃった

そんな子どももいるそうな

 

<自律神経バランスは

まわりの人にも伝わるらしい。

お医者さんが書いてたよ>

 

かたかた人から

目をそらしても

どこもかしこも

意識満載

広告だらけ

かた かた かた

ならばと

車窓の外へ目をやれば

これまた意識の塗り絵だよ

人がつくったものだらけ

かた かた かた

 

それじゃあ

他の場所ならば?

いやはや

年々スピードあげて

どこもかしこも

意味 忌み 斎み

人の意識が侵食中

 

かた かた かた

これじゃ

バランス失います

かた かた かた

ゆるむ間もなく

排泄物はたまり続ける

かた かた かた

カタを好むかたがたいるが

自律神経いかがです?

かた かた かたた

ガタ ガタ ガララ

これじゃ

ヒトは狂います

 

型 過多! 固っ!!

 

 

 

2019年9月 9日 (月)

不可知/深智

 

わ れ て

ひ ら く は

芽 か

花 か

 

わ か れ て

い づ り し も の は

無 か

 

空 と も

闇 と も

呼 ば れ し は

 

触 れ ら れ ぬ け ど

観 じ た る

 

身 限 り

知 り し

つ な が り を

内 に

外 に

抱 き た り

 

そ は

闇 に 浮 く

 

そ は

闇 の 流 れ つ つ

 

 

 

2019年9月 7日 (土)

花の息

 

花 の イ キ に

む せ

か え る

 

花 の い き が

む す

か え る

 

秋 の ひ の

夏 の ね つ が

ふ ゆ り て

は る ひ

 

 

 

 

 

2019年9月 4日 (水)

厳つチ

 

い か づ ち が

と ど ろ く と

虫 の 音 は

あ た り い ち め ん

も り あ が り

お お つ ぶ の

あ め と な っ て

ひ び わ れ た 大 地 に

も ぐ り こ む

 

ど れ だ け

行 け ば

い い の だ ろ う

 

幾 重 に も

縦 横 無 尽 に

か ら ま っ た

こ の

み な そ こ の

し な や か な チ に

触 れ る ま で

 

 

 

 

膜のあい

 

 

膜をひく

 

このひろい世界いっぱい

あいすることができるよう

 

膜間[まくあい]は

臨機応変

生々流転

 

どこまでいっても

仮のもの

 

膜をひく

 

仮ものを

つぎつぎと

おくることができるよう

 

 

 

 

夜送曲/暁創曲

 

三日月に

かかったままの

なみだの雫は

夜明けを告げる

さえずりとなって

あまたの坂に吹くでしょう

 

 

 

一人ではみられない風景

 

私たち(の知覚)というものは

ひろがりに浮かぶ

一片の膜、

のようなものかもしれない

 

それぞれの膜は

大きさも

カタチも

まがり具合も

あつさも

向きも

うごきも

それぞれで

 

それゆえに

(時空を超えた)

たがいの

“あい”によって

一人では決して見ることができない景色

ひろがりのある風景が

あらわれる

 

 

 

 

 

閑/完

 

 

つ き は め ぐ り て

 

か か り た る

 

さ す ら う も の の

 

み の う え に

 

て ら し

 

う つ す

 

こ と の は の

 

も ゆ る

 

し く み は

 

つ つ き た る

 

い み を し る す や

 

そ の う み に

 

 

 

 

 

2019年9月 1日 (日)

コトバはひろがりの中に/脱一元化

 

光は

闇の海に浮かぶ島

のようなもの

 

闇 と 光

 

 反対のコトバなどではなく

大きさの異なるピース

距離のある ことなる地平の、コトバ

 

 

 

 

「ことなる」→「ちがう」→「おなじ」

 

こ  と  な  る

 

か  ら

 

ち  が  う、

 

か  ら

 

同  な  り

 

 

お  な  じ

 

 

 

 

@「ちがう」と「おなじ」は 対義語などではなく、ことなる地平のコトバ。

 ある意味では ひと連なりの流れに位置するコトバ。

 

@「ちがう/チ交う」ことができる“ひろがり/SPACE”(≒difference)がなければ、“「」→おなじ”は生じない

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »