詩・うた

2019年10月13日 (日)

たいふういっか

 

秋 の 香 の

 

ひ ら き し ゆ ら ぎ

 

わ れ も こ う

 

 

 

2019年10月 9日 (水)

秋霖夜

 

かられたる

草の苦みが

大地を覆い尽くし

 

虫の鳴く

ふるえに

煮えたつ

 

あまおとの

木の葉は

あきさめ

 

なみだ

しずかなり

からだ

かすかなり

 

山の端は

こよいも

梟につまびかれて

 

 

 

2019年10月 6日 (日)

ひ十月[ひとつき]

 

掬いとれぬ

ピカピカの三日月

 

樹冠で梟がなく

 

いい風が

吹いてきた

 

 

 

 

せまる

夜の森の懐ふかく

 

なつかしい哀しみのような

慎ましいときめきのような

暗闇から 夕暮れと明け方をわたす

透きとおった儚い淡藤色は

砂が粉になる

ひと呼吸手前の粒となって

地球をめぐる

 

はしる

姿なきオオカミの吐息とともに

 

降りそそぐ

まぁるい葉っぱは

とても大きく

ばさら ばさら

けのものの

もののけの

律動が

あちらこちらで

飛び跳ねる

大地の褐色の血

わたしは

この身を浸して

飲みほすのだ

 

 

 

 

@ ステファン・ガチェンゲ AB

@  < おきつ(掟つ)=心に決める、計画を立てる

 

 

 

2019年10月 1日 (火)

宵酔(しょうずい)

 

 

 

 

 

RI-地/REACH

 

もくもく

もくもく

流れていくは

こいしをあらう

雪どけの水

 

大地すみずみ

根は張りわたり

マグマにゆられて

たわわ

たわわ

 

渡る鳥の

ねぐらとなって

降る星々の

子守り唄

 

 

 

 

 

 

2019年9月21日 (土)

カタだらけの人生

 

かた かた かた

揺れる電車のなかは

かた かた かた

スマホ、パソコン、妄想、不満

交感神経

かた かた かたた

 

かたかた電車に

お化けをみてね

不登校になっちゃった

そんな子どももいるそうな

 

<自律神経バランスは

まわりの人にも伝わるらしい。

お医者さんが書いてたよ>

 

かたかた人から

目をそらしても

どこもかしこも

意識満載

広告だらけ

かた かた かた

ならばと

車窓の外へ目をやれば

これまた意識の塗り絵だよ

人がつくったものだらけ

かた かた かた

 

それじゃあ

他の場所ならば?

いやはや

年々スピードあげて

どこもかしこも

意味 忌み 斎み

人の意識が侵食中

 

かた かた かた

これじゃ

バランス失います

かた かた かた

ゆるむ間もなく

排泄物はたまり続ける

かた かた かた

カタを好むかたがたいるが

自律神経いかがです?

かた かた かたた

ガタ ガタ ガララ

これじゃ

ヒトは狂います

 

型 過多! 固っ!!

 

 

 

2019年9月 7日 (土)

花の息

 

花 の イ キ に

む せ

か え る

 

花 の い き が

む す

か え る

 

秋 の ひ の

夏 の ね つ が

ふ ゆ り て

は る ひ

 

 

 

 

 

2019年9月 4日 (水)

厳つチ

 

い か づ ち が

と ど ろ く と

虫 の 音 は

あ た り い ち め ん

も り あ が り

お お つ ぶ の

あ め と な っ て

ひ び わ れ た 大 地 に

も ぐ り こ む

 

ど れ だ け

行 け ば

い い の だ ろ う

 

幾 重 に も

縦 横 無 尽 に

か ら ま っ た

こ の

み な そ こ の

し な や か な チ に

触 れ る ま で

 

 

 

 

膜のあい

 

 

膜をひく

 

このひろい世界いっぱい

あいすることができるよう

 

膜間[まくあい]は

臨機応変

生々流転

 

どこまでいっても

仮のもの

 

膜をひく

 

仮ものを

つぎつぎと

おくることができるよう

 

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー