ことば

2018年10月20日 (土)

あと かた


隣に住むNさんが昨日亡くなった

ことを

東京と青森に住む娘さん二人が揃って

伝えにきてくれた


奥様が逝かれてからの14年間

子どもたちの助けを得ながら

一人暮らしを続けられた


こちらが見守る立場なのだけど

隣にNさんがいてくれることが

こちらの安心になっていた


ゆっくりと閉じていかれた

90年を優に越えたその人生


いろいろ伺ってみたかったことがあったのだけれど

奥様のときと同様に

その機会を逸してしまった


玄関先で話を伺い

家に入って

左手が二箇所

蚊に刺されていたことに気づいた


小さな点のようなその跡は

みるみる大きな膨らみとなり…


痛みとも

かゆみとも

おぼつかない反応が続く


時間が経てば

やがて何もなかったかのように

体は元に戻してくれるだろう


記憶にあとかたを残して


適当、さ


うちにある

広葉樹の集成材の食卓は

どっしりしていて

安定感はあるけれど

当たりが硬くて

触っても

座っても

ぶつかっても

痛痛しくて

リラックスできない


そのせいなのか

少なくとも

一因に違いないと私は思っているのだけれど


そこに座ると

飛蚊症みたいに

意識の断片が

あちこち

飛び交って忙しい

(ことがある)


細胞は環境のやわらかさに反応する

って

どこかの教授が言っていたのは

本当だ


硬すぎても

柔らかすぎても

駄目


しなやかに

うごく

よゆう


必要なのは

いい加減な

適当さ


2018年10月 7日 (日)

たびびと


か き 鳴 る

か ら だ の

と り ど り の

お も い は

原 を 駆 け 抜 け る

風 の よ う な も の で し て

よ し も あ し も

そ よ そ よ と

自 然 の 景 色 の ひ と コ マ の

涼 し い お も も ち

揺 ら し ま す


よ し や あ し に 絡 ま る も

風 に 誘 わ れ 漂 う も

他 人 [ひ と] に 惑 い て 狂 お う も

自 由 気 ま ま な

旅 の 空


あ い し 景 色 を

眺 め つ つ

の ぞ む み ち を い き ま し ょ う



2018年9月26日 (水)

ことなる、あい


こ  と  な  る


あ  い


あ  き  ら  め


さ  よ  う  な  ら


ど  う


い  き  て


こ  と  な  る




@ことなる=個となる、異なる、事成る
 あい
 明らめ
 さようなら
 どう[=HOW]、動、DO
 生きる、活きる、息流


@瞑想的なありよう、とも言えそうです。
 醒めているとは、適当な距離を保っている ということ。
 その距離とは、快適なパーソナルスペースであり、息がしやすい[=生きやすい]距離感・スペース・時空。


@「さようなら」と「いきる」は、ひと息つくプロセス。「余」のプロセス。今の時代に欠けている、ヒト/生命にとって もっとも必要かつ大切なもの。ではないかなぁ。


あい、から、いきる


あ  い


あ  き  ら  め


さ  よ  う  な  ら


ど  う


い  き  る




逢い
 明らめ
 左様なら
 どう[=HOW]、動、DO
 生きる、活きる、息流


2018年1月28日 (日)

自立


た  つ


に  は


と  き



い  る




潜ったままで


心 を 深 く 底 に 潜[ひた] し つ つ


表 に 出 づ る




@松尾芭蕉の言葉 「高く心を悟りて俗に帰るべし」


2018年1月25日 (木)

適当


支えなければ


動きすぎて根が付かず


さりとて 支えのゆえに


動けなくて雪に折れ


「適当」は なかなか なかなか




2018年1月10日 (水)

解除/再編成


「痛 み」 と 「お そ れ」 は 別 の も の


結 ば れ た


い に し え の 紐 を


と く キ セ ツ




共進


非 知 で あ る


こ と に


安 堵 し


知 が い き る




より以前の記事一覧

その他のカテゴリー